このページの本文へ

新型コロナウイルスによるリモートワーク拡大の実態|Workship

2020年03月24日 10時00分更新

文● GIG

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GIG
フリーランスと企業のマッチングの内、リモートワークの割合が58.8%を占める

株式会社GIGが運営する、「運命の仕事相手」が見つかるスキルシェアサービス「Workship(ワークシップ)」より、サービス利用者間でのマッチング結果およびリモートワークの実態を公開いたします。




■マッチングのうち58.2%がリモートワーク前提の働き方

これまで5,000件を超えるフリーランスと企業のマッチングのうち、勤務形態がリモートワークを前提とするマッチングの割合は46.9%となっております。




また、昨今の新型コロナウイルスに流行に伴い、各社でリモートワークや在宅勤務の実施が推奨される中で、直近1ヶ月でのマッチングでは、リモートワークの割合が58.8%となっております。



■Workshipユーザーの傾向
Workshipは2020年3月現在、登録会員数約14,000人、累計利用企業数約500社にご利用頂いています。

フリーランス向け:https://goworkship.com/
企業担当者向け:https://enterprise.goworkship.com/

登録会員の属性は平均年齢32.5歳、生活拠点は関東が中心。
ご登録いただいている職種はエンジニアやデザイナーだけでなく、マーケターやディレクター、人事労務、営業など幅広い職種の方にご登録いただいております。

新型コロナウイルスによりリモートワークの実施が普及したことで、この影響が治まった後も、リモートワークの普及は進んでいくと考えられます。Workshipにはリモートワークに慣れているフリーランスが多数登録しているので、より多くの方や企業にご利用いただけるよう、運営に努めてまいります。

また、「Workship」の関連サイトとしてクリエイター向けWebマガジン「Workship MAGAZINE」の運営や、コワーキングスペース検索サイトの「Workship SPACE」なども展開。ハイレベルなフリーランス人材の活動発展を総合的且つ継続的にサポートするプラットフォームとして、更なる機能拡充に努めてまいります。

参照URL: Workship MAGAZINE(https://goworkship.com/magazine/
参照URL: Worship SPACE(https://goworkship.com/space/

■株式会社GIGについて
「テクノロジーとクリエイティブで、セカイをより良くする」というミッションのもと、2017年4月に創業。
ナショナルクライアントからスタートアップまで、Webプロモーション、UI/UXデザイン、システム開発など、デジタル領域の課題解決に取り組みながら自社サービスを構築・展開。時代や場所における課題を見つけ、テクノロジーとクリエイティブの両面から、価値あるモノを創造し続けます。

参照URL: https://giginc.co.jp/
Facebook :@GIG Inc. / Twitter: @giginc2016

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社GIG 広報担当
東京都中央区日本橋浜町1-11-8-4F
メールアドレス:pr@giginc.co.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン