このページの本文へ

【リーガルテック】弁護士向け事件管理サービス『LegalWin』が文書OCR・文書管理機能をリリース 手持ち文書全体に検索・ブックマークで瞬時にアクセス

2020年03月24日 09時50分更新

文● 合同会社LegalWin

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

合同会社LegalWin
~ 一般民事の法律事務所の文書管理を効率化します ~

弁護士向け事件管理サービス「LegalWin」を開発・運営する合同会社LegalWin(神奈川県川崎市、代表:橋本訓幸)は、法律事務所における共同作業を快適にする事件管理機能の付加機能として、これまでにあった成年後見事件向け通帳OCR機能に加え、このたび新たに文書OCR・文書管理機能をリリースしたことをお知らせします。


【URL】https://www.legalwin.jp



弁護士向け事件管理サービスLegalWinとは
1.一般民事を取り扱う弁護士向けの、クラウド型事件管理サービスです。毎日快適に使えるように、入力の負担を減らす工夫をしていることが特長です。
2.成年後見事件の管理機能の一環として、通帳にOCR処理を施してデータ化する機能を有しています。
3.今回、さらに文書OCR・文書管理機能を開発し、手持ち文書を最大限活用できるようにサポートします。


文書OCR・文書管理機能つの特徴
1.文書PDFファイルに対してディープラーニング技術を活用した高精度のOCRを行い、「精度の高い検索」を実現します(もともとテキスト情報を含むPDFについては、同テキストをそのまま用います。)。
2.すべての文書を対象に、横串で横断するように検索できるので、どこに情報があったかを覚えておく必要はなく、求める情報を簡単に探し出すことができます。
3.作成したブックマーク(メモ)も、自ら構築したライブラリ全体のものを一箇所でまとめて見ることができるので、大量の情報の中からよく使う情報に瞬時にアクセスできます。

これらにより、特定のアプリや特定のデバイスに限定されることなく、検索及びブックマークメモを行うことができ、手持ち文書を死蔵することなく、最大限に有効活用することができます。
※当該機能については、同じ事務所内の弁護士同士であってもデータの共有はできない仕様となっていますので、予めご了承ください。

検索ワード入力から結果表示までの大まかな流れ


◆文書一覧画面
 PDFファイルのアップロードを行うとともに、アップロード済みのファイルが一覧できる画面です。
 検索窓に検索ワードを入力して、アップロード済みのファイル全体から全文検索を行うことができます(OR検索や-検索も可能です。)。
 この画面から、アップロードしたファイル全体のブックマークを一覧する画面に移動することができます。
 ※アップロードしたファイルには、アップロードを行ったアカウントのみアクセスすることができます。
文書一覧画面


◆検索結果表示画面
 入力した検索ワードに基づき、ライブラリ全体を横断して検索した結果が表示されます。
 検索結果のうち、検索ワードにヒットした箇所は、赤くハイライト表示されます。
 ヒットした文書名と該当ページが表示されるので、そのリンクから該当ページにジャンプすることができます。
検索結果表示画面

◆各ページの表示画面
 文書内の各ページの表示画面では、文書の内容をそのままLegalWin内で確認することができます。
 画面内の「OCRテキストを表示」ボタンを押すと、文書内容のとなりにOCRテキストが表示されます。
 各ページの表示画面では、前後のページに移動したり、文書内検索を行ったり、ページ数を検索窓に入力することで、当該ページにジャンプすることなどができます。
OCRテキストの確認画面

 また各ページの表示画面では、ブックマークの追加・編集を行うことができます。
 「ブックマークの追加・編集」ボタンを押すと、文書内容のとなりに新たにブックマーク(メモ)を作成する画面と、そのページに既に作成されているブックマーク(メモ)が表示されます。
ブックマークの編集・確認画面

◆ブックマーク一覧画面
 各ページで作成したブックマーク(メモ)は、各文書ごとに一覧表示できるとともに、ライブラリ全体で、ブックマークを一覧表示することができます。
 ライブラリ全体のブックマーク一覧画面では、作成日時順に新しいものからブックマークが一覧表示されますので、よく使う文書のよく使うページを登録しておけば、あちこち情報を探す必要なく、求める情報にすぐにアクセスすることができます。


ブックマーク一覧画面


■アナログからデジタルへ。その過渡期をLegalWinで乗り切る
裁判のIT化が進められようとしておりますが、今すぐすべてが電子データとして扱えるようになるわけではありません。
また仮にこれから新たに作成するものについては電子データですべて事足りるという状態になったとしても、既に存在する大量の紙の資料をどうするのかという問題は依然として残ります。
LegalWinは、司法の世界が完全にデジタルに切り替わった後については、アナログでは実現できなかった、デジタルならではの新たな価値の創出を構想しております。
しかしながら、現在はその前段階のアナログからデジタルへの過渡期と見ており、直近の課題として、アナログからデジタルへの切り替えをスムースに行う必要があると考えています。
そして、過渡期の課題であるだけに、その解決に大きな資本は投入されづらいですが、既存の技術を十分に活用することで課題を解決することができると考えています。
事件管理のデジタル化、通帳のOCR機能に加えて、今回リリースした文書のOCR・管理機能も、アナログからデジタルへの切り替えをサポートするという一貫したビジョンに基づき開発したものです。
LegalWinは、今後も引き続き、法律事務所をIT化する機能を開発し、弁護士業務を効率化するお手伝いをしていきます。


■料金プランについて

※有料課金の開始は4月を予定しており、それまではフリープランの登録でもベーシックプラン相当の機能をご利用いただけます。
※課金は弁護士アカウントについてのみ行われます(ただし、事務員アカウント単独では事件の作成等は行えません)。




【会社概要】
会社名:合同会社LegalWin
代表者:CEO 橋本訓幸
公式HP:https://www.legalwin.jp


【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
合同会社LegalWin、サポート担当
e-mail:support@legalwin.jp






カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン