このページの本文へ

科学・生物で気になることをお届け! 「数式なんて知らんし!!」 ― 第59回

星はどこから生まれてくるの?-倶楽部情報局

2020年03月25日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「星はどこから生まれてくるの?」を紹介します。


なくなる星の近くでは新たな星も生まれている

 ここ最近、ずっと話題に上がっている、オリオン座の一等星“ベテルギウス”の超新星爆発。その星の明るさはどんどん暗くなっているようで、いよいよ超新星爆発か!? と、ネットニュースやSNSでその動向が賑わっています。いよいよといっても、すでに現地では爆発していて、その光が地球に届いていないだけかもしれませんし、逆にまだ現地でも光り輝いているかもしれませんが……。今ここに生存する人間は、この身近な星(とはいえ600光年以上離れています)が超新星爆発に至るまでの過程を詳細に観測したことがありません。そのため、この暗くなる現象が本当に爆発の予兆なのかどうかは不明ですが、“いつもと違った星の挙動”は、たとえ天文のことを詳しく知らなくてもドキドキするもんです。

 このように、星の死で注目されているオリオン座。ベテルギウスだけでなく、3つ整然と並んでいる星や、別の一等星“リゲル”などで、見た目もとっても美しくわかりやすい、冬の代表的な星座です。今でこそ、その星の死で注目されているオリオン座ですが、実は“星が誕生する場”としても名が知られています。まもなく寿命が尽きる星と、これから輝こうとする星が同じオリオン座で見ることができるなんて、なかなかのロマンじゃないでしょうか!

 星(恒星)は分子雲(ぶんしうん)、とりわけその中でも密度の高い部分である“分子雲コアで生まれるとされています。まず、名の通り分子雲は水素分子をメインに構成されていて、星と星の間に広がっているガス雲です。オリオン座には、この分子雲に属する暗黒星雲や散光星雲、若い星などが含まれており、それらをまとめて“オリオン座分子雲”と呼んでいます。肉眼ではわかりませんが、オリオン座ほぼ全体が、巨大な散光星雲“バーナードループ”で覆われています。そしてそれだけではありません。3つ並んだ星の一番東側の星近くには、馬頭星雲として有名な暗黒星雲があります。星雲自体に含まれる塵やガスが、(私たちから見て)その後ろにある星などの光をさえぎるため、黒く見えるんですね。

 しかしながら、これも残念ながら肉眼では見ることができません。せっかくの分子雲なのに、直に見ることができないのはなんだかションボリです。が、肉眼でも微かに見えるものがあるのです。それが有名な“オリオン大星雲”です。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。科学好きが高じてついに連載開始。夢は家事を放棄すること。


 続きは「星はどこから生まれてくるの?」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1277(2020年4月7日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1276(2020年3月31日発行)

  • 週刊アスキー No.1275(2020年3月24日発行)

  • 週刊アスキー No.1274(2020年3月17日発行)

  • 週刊アスキー No.1273(2020年3月10日発行)

  • 週刊アスキー No.1272(2020年3月3日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事