このページの本文へ

顧客エンゲージメント向上ツール「coorum(コーラム)」が新機能(Analytics)をリリース。合わせて新サービスサイトを公開

2020年03月19日 10時00分更新

文● 株式会社Asobica

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Asobica
サービスの"ファンを増やす"をテーマに、顧客エンゲージメント向上ツール「coorum(コーラム)」を提供する株式会社Asobica(本社:東京都品川区、代表取締役:今田孝哉)は、新機能リリースと合わせてサービスサイトをリニューアル致しました。


顧客エンゲージメント向上ツール「coorum(コーラム)」に新しく、既存顧客の状態を可視化できる機能(Analytics)が追加されました。具体的には既存顧客のステータス管理、NPS計測、エンゲージメントスコアの管理などが可能になり、既存顧客の状態を「正しく」そして「簡単」に可視化できる事が特徴です。これにより、顧客1人1人のニーズに合わせた形でのナレッジ配信・提供が可能になり、利用率拡大や継続率向上をもたらします。

▼新サービスサイトはこちら
https://coorum.jp/





■LPリニューアルの背景
coorumは、サービスの"ファンを増やす"をテーマに、CS部門(顧客支援)における"属人的"な課題の解決を目指しています。これまでのcoorumは、「ナレッジページ」「コミュニティ」機能をベースに顧客に最適なナレッジを届ける事を最初の足掛りとし、カスタマーサクセス(CS)業務の課題解決に取り組んできました。

そして今回リリースした新機能は顧客の状態を正しく簡単に可視化できる機能。それらを活用する事で、蓄積されたナレッジを顧客1人1人のニーズに合った形で最適に届ける事ができるようになります。今回の新機能リリースには、顧客のステータス管理、NPS計測、エンゲージメントスコア計測が含まれており、これらを通してカスタマーサクセス業務の最適化をより一層推し進めて参ります。






■coorumで実現したい世界(代表今田のメッセージ)
「昨今、顧客との関係性の重要度がより一層叫ばれるようになってきました。広告費の高騰、サブスクリプションサービスの浸透、SNSを中心とした口コミ消費の浸透などなど。幾つもの要因が重なって、今後より一層カスタマーサクセス(CS)部門の重要度が増していく流れになっています。

とはいえ、テクノロジーがまだまだ浸透していない故、多くの課題が残されている・・・。
自分自身、前職時代にカスタマーサクセスのSaaSを立ち上げ500社以上のCS部門を支援する中で見てきたのは、"属人的な管理体制がボトルネックで問い合わせはどれだけ捌いても効率化できず、新しい人が採用できない所か人は辞め、そんな中でも経営陣から”解約を減らしてくれ”という依頼が収まることはなく、結果として疲弊するCS部門の現場"でした。未だ多くの課題がまだ残された領域であり、いわゆる「属人的」な課題が大きい。
自分達はそれらの課題を解決するために、より一層業界の皆さまの声を聞きながら、自社の仲間を増やしつつ、自分達にしかできない事に引き続きチャレンジしていきたいと思います。」

■株式会社Asobica について
ミッション「遊びのような熱狂を、世界中に」
"サービスのファン"を増やすをテーマに、法人向けに顧客エンゲージメント向上ツール「coorum(コーラム)」を提供。顧客の成長を促し、解約率の削減や、LTVの向上を促します。
coorum(コーラム)サービスサイト:https://coorum.jp/

【株式会社Asobica 会社概要】
会社名:株式会社Asobica ( URL:https://asobica.co.jp )
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田8-2-2 喜助西五反田ビル4階
代表取締役:今田孝哉

【本リリースに関してのお問い合わせ先】
株式会社Asobica
Mail : info@asobica.co.jp
担当: 児玉

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン