このページの本文へ

【 令和の経理は定時で帰る 】請求書のアナログ業務を自動化する『invox(インボックス)』を提供開始

2020年03月18日 11時00分更新

文● 株式会社Deepwork

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Deepwork
~経理のリモートワークも可能にする請求処理業務の自動化ソリューション~

株式会社Deepwork(本社:東京都新宿区、代表取締役:横井朗)は、受け取ったPDFや紙の請求書から振込・仕訳データを生成し、経理の支払・計上業務を自動化するサービス『invox(インボックス)https://invox.jp/』を提供開始いたしました。



■サービス開始の背景

日本の労働人口が減少し続け、企業の生産性向上が求められる中、全ての企業の頭を悩ませる課題が経理業務です。

クラウド会計の普及等により一部で効率化が進んできましたが、いまだに様々なレイアウトの請求書がPDFや紙で届くため、経理がアナログ業務から抜け出せないだけでなく、リモートワークに踏み切れない大きな要因になっています。
また、受け取った請求書を計上・支払する業務は、取り扱う金額が大きい場合も多いため、支払先や金額に誤りがないか1枚ずつチェックする必要があり、⾮効率なだけでなくストレスの多い仕事になっています。

大企業の場合、取引先と共通の企業間取引システムを導入し、請求書に関わる業務を部分的にデジタル化できている場合もあります。
しかしながら、多くの中小企業は高額なシステム導入費用を捻出できず、共通のシステムを取引先に強いる交渉力もなく、経理業務の生産性向上が頓挫しています。


■invox(インボックス)とは



invox(インボックス)は、取引先からどんな形式の請求書が届いても自動で振込データや仕訳データに変換できるクラウドサービスです。

メール、チャットツール、Google Drive等からは自動取り込み、紙で届いた請求書もスキャンするだけでデータ変換が可能です。
取り込み後はクラウドサービスにアクセスして確認・修正できるため、働く場所に縛られません。

取り込んだ請求書は、AIがレイアウトを認識してデータ化、結果をオペレーターが確認することで99.9%以上の精度を保証しています。


データ化の結果は、請求書原本の画像とならべて確認でき、データ入力の手間だけでなく、チェック業務も効率化できます。

確認したデータを利用しオンラインバンクで簡単に支払したり、お使いの会計ソフト・ERPに連携して計上が可能です。



■invox(インボックス)のプラン

初期導入費用0円、月額基本料金980円(税抜)、お申し込みいただいた当日からお使いいただけます。

1.ミニマム
振込データを生成して、支払を効率化したい方


初期導入費用:0円
月額基本料金(税抜):980円
データ処理料金(税抜):50円/件
データ化期限:~3営業日
データ処理枚数:無制限



2.ベーシック
振込データと仕訳データを生成して、支払と計上を効率化したい方


初期導入費用:0円
月額基本料金(税抜):9,800円
データ処理料金(税抜):100円/件
データ化期限:~3営業日
データ処理枚数:無制限
対応ソフト:会計ソフト



3.プロフェッショナル
ベーシックの機能に加え、月次決算の早期化や管理会計が必要な方


初期導入費用:0円
月額基本料金(税抜):49,800円
データ処理料金(税抜):100円/件
データ化期限:~1営業日
データ処理枚数:無制限
対応ソフト:会計ソフト・ERP

※上記プラン以外に独自のシステムカスタマイズを行うエンタープライズプランや、複数アカウントご契約いただく場合のボリュームディスカウントも用意していますので、お気軽にお問い合わせ(https://invox.jp/contact)ください。


■将来の計画

invox(インボックス)は、今回第一弾として、請求書を受け取ってから支払・計上まで自動化するサービスを提供します。

今後、請求書発行サービスとの連携による企業間取引のデジタル化や、資金繰りを支援する金融サービス等、周辺領域に利便性を拡大していく予定です。


■株式会社Deepworkの会社概要



名称:株式会社Deepwork
所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル49F +OURS
代表者:代表取締役 横井 朗
事業内容:請求処理自動化ソリューション invox(インボックス)の開発・運営
資本金:30百万円
設立年月日:2019年2月1日
URL:https://invox.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン