このページの本文へ

スマホで簡単に内容を書き換えできる高耐久NFC搭載のペット用迷子札「PawBell」を発売

2020年03月17日 18時24分更新

文● 合同会社Peties

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

合同会社Peties
実用新案取得のNFC迷子札

合同会社Peties(https://peties.co.jp/)ではスマホで手軽に読み書きできるペット用NFC迷子札「PawBell・PawBell Hybrid」を2020年4月1日より発売いたします。 また、NFC迷子札PawBellで使用している小型高耐久NFCタグも法人様向けに販売を開始いたしました。 NFCはスマホで簡単に読み取り・書き込みができる近距離無線通信です。通信範囲は数センチ程度で、スマホをNFCタグの近くにかざすことで非接触で通信できます。






NFC迷子札「PawBell・PawBell Hybrid」について

ペットの名前や飼い主情報など自由に編集&書き換えOK
小型高耐久の国産NFCタグを搭載。データ保持期間10年。

NFC迷子札「PawBell」(実用新案取得)
1.スマホで簡単に書き込み・読み取りOK
2.繰り返し書き込み・上書き禁止ロックもできる





NFC迷子札「PawBell Hybrid」(特許出願中)
NFC+QRコードの組み合わせで「Peties迷子サポート機能」をプラス
1.スマホで簡単に書き込み・読み取り
2.NFC機能(繰り返し書き込み・上書きロック・読み取り)
3.迷子サポート:詳細なペットプロフィールをデータベースに登録。保護主が閲覧できるシステム。





【使い方は手軽で簡単】
無料でダウンロードできるNFC書込みアプリを利用してスマホで書き込み。

読込みについて
●Androidではアプリ不要。ロック画面を解除してPawBellにかざすだけ。
●iPhoneでは無料でダウンロードできるNFC読み取りアプリを利用。






義務化されたマイクロチップ番号をわかりやすく伝えるために


犬猫にマイクロチップの装着が義務化されマイクロチップ番号を迷子の捜索に利用する動きもでてきましたが、マイクロチップは体内に埋め込むので外見からマイクロチップ装着の有無が分かりません。また、マイクロチップ番号の読み取りには専用リーダーが必要です。
そこで、NFC迷子札にマイクロチップ番号も書き込みすることで誰でもスマホで読み取りができ、マイクロチップ番号を迷子の捜索にも利用できるようになります。



国産小型高耐久NFCタグ



正規品証明やカスタマーサポートに組み込みNFCタグ
特許技術で製造された小型高耐久のNFCタグの法人様向けの販売も開始いたしました。直径10mm,15mm,20mmの3サイズ展開。厚さわずか0.5mmです。銅線アンテナを使用して製造しているので小型・薄型化を実現。外装はPET素材で作られているため耐水性・耐熱性も備えています。
薄く柔軟性のあるタグなので、外観を損なうことなくブランドタグへの組み込みが可能です。ブランド品メーカー様、名札メーカー、医療用品メーカー様、アウトドアメーカー様、農業など様々な分野での組み込み用途としてお使いいただけます。



製品のご案内ページ

■NFC迷子札PawBell・PawBell Hybrid
https://maigo-omamori.com/lp/pawbell.php

■小型高耐久NFCタグ
https://peties.co.jp/nfc/



合同会社Petiesについて

2016年から迷子サポート付き迷子札としてQRコード迷子札の企画・販売を開始いたしました。迷子札に書ききれないペットの詳細な情報をデータベースに登録、Webで閲覧できるシステムを開発運用してきました。

会社名:合同会社Peties
所在地:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4 ビーチサイドビジネスセンター内
代表者:南雲順也
設立:2015年12月22日
URL:https://peties.co.jp/
事業内容:ペットグッズ製造販売、NFC製品企画販売

【お問い合わせ】
合同会社Peties
担当:斉藤
TEL:0466-21-9386
e-mail:support@peties.co

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン