このページの本文へ

Loupedeck、プロクリエイター向けの新製品Loupedeck CTを提供開始

2020年03月12日 16時45分更新

文● LoupeDeck Oy

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LoupeDeck Oy
音楽制作、グラフィック制作、工業デザイン等、あらゆる編集をサポート


カスタム写真およびビデオ編集コンソールを提供するLoupedeckは、Loupedeck製品ラインアップの新製品として、Loupedeck Creative Tool (CT:クリエイティブツール)を本日より日本で提供開始します。Loupedeck CTは、プロレベルの編集向けに汎用性の高いツールの需要の高まりに対応し、すべての編集ツールとソフトウェアへのサポートを可能にする強力で適応性の高いユーザーインターフェイスを実現・提供します。優れたビルド品質とデザインを兼ね備えたLoupedeck CTは、ユーザがボタン、ダイヤル、タッチスクリーンを使用して、個々の作業スタイルに合わせてカスタマイズできることを特徴としています。



Loupedeck CTは、編集とデザインのすべての工程において作業を必要とするプロ向けに開発され、写真やビデオ編集分野において、Adobe(R) Lightroom(R) Classic、Adobe(R) Photoshop(R)、Adobe(R) Premiere(R) Pro、Adobe(R) After Effects(R)、および Final Cut Pro X をサポートしています。また、音楽制作分野ではAbletton(R) Live™ならびにAdobe(R) Audition(R) Audition(R)を、デザインおよびデジタルイラストレーション分野ではAdobe(R) Illustrator(R)を、それぞれサポートしています。

Loupedeckは、ゲーム業界への新たな挑戦として、今後数週間のうちに、業界をリードするストリーミングソフトウェアStreamlabsとのネイティブインテグレーションをリリースする予定です。ユーザは、ホイールを回したり、ボタンを押すだ

けで、直感的に素早くコンテンツを生成したり、調整をおこなうことができます。

また、Loupedeckは、現在サポートされているインテグレーションからコンソールの機能を拡張し、ホットキーやマクロですべてのソフトウェアを制御することを可能にするLoupedeck Builderツールを今後発表する予定です。


Loupedeckは、SkylumのLuminarおよびAutodesk Fusion 360へのサポート開始を2020年春に、ならびに複数のインテグレーションの発表を、2021年にそれぞれ予定しています。Loupedeck CTは、Loupedeck+と同様に、キーボード、マウス、タブレット、ペンの自然な拡張機能であり、クリエイティブワークフローの精度と強化を実現します。


Loupedeck CTの主な利点と機能は次のとおりです。
■ユーザがお好みのソフトウェアに接続できるため、開梱後すぐに使用可能
■ アルミニウム製カバーとダイヤル、LEDバックライト、タッチスクリーン、マシン品質のボールベアリングなどを備えた優れたビルド品質
■リムーバブルUSBケーブルを装備し、可搬性に優れ、どこにいても簡単に使用可能
■ 特定のソフトウェアにおける各編集ステージ専用のプリセットワークスペースが割り当てられ、ユーザ特有の作業ワークフローに合わせてカスタマイズが可能
■シングルユーザーインターフェイスから、お気に入りのソフトウェアのツールと機能が使用可能
■「Loupedeck Builder」ツールの活用により、ネイティブインテグレーションの枠を超えて、コンソールの機能を拡張
■ ほぼすべてのクリエイティブ環境に適応可能なため、ユーザは、異種複数のソフトウェア間を自由に移動すること、またオペレーティングシステムの管理とコントロールが可能
■ 片手ですべてコントロール可能なため、パーソナライズされた高度な編集体験を実現

Loupedeckの創設者/CEOのMikko Kesti(ミッコ・ケスティ)は次のように述べています
「デジタルワークスペースにおけるプロフェッショナル編集の人気の高まりに伴い、新世代のクリエイティブプロフェッショナル達は、使用するツールに対して、絶対的な精度、汎用性、可搬性、ならびに無限のカスタマイズ性を求めるようになっています。Loupedeckは、このトレンドをLoupedeck CTの設計と開発に反映しました。この新しいコンソールは、より優れた拡張性とカスタマイズのオプションを提供することで、クリエイティブが求める人間工学的に基づく、直感的な操作性の向上を実現しています。私たちは、ユーザの期待と要求に応える製品の設計に努めており、Loupedeck CTも例外ではありません。本新製品は、プロおよびアマチュアクリエイターコミュニティのフィードバックに基づいて、最も要求の厳しいクリエイティブのニーズに挑戦するという当社の約束を具現化するものです。

Loupedeck CTは、Loupedeckオンラインストア(https://loupedeck.com/en/cart)、amazon.co.jp(https://www.amazon.co.jp/dp/B0837LKGL6?ref=myi_title_dp)、ヨドバシ.com(https://www.yodobashi.com/product/100000001005514529/)にて、69,980円(税込)で購入できます。 また、全国のヨドバシカメラ店舗でも購入することができます。このデバイスは現在、Adobe Lightroom Classic、Adobe Photoshop、Adobe Premiere Pro、Final Cut Pro X、Adobe After Effects、Adobe Audition、Adobe Illustrator、Ableton Live、Luminar、Autodesk Fusion 360に対応しており、2020年中に、追加のインテグレーションの発表を予定しています。

Loupedeckは現在、オープンなインテグレーションに関するサードパーティ開発者や企業からのリスエストを受け付けると共に、ハードウェアベースのインテグレーションによる対応ソフトウェアの拡大を目指しています。
詳細については、www.loupedeck.com/en/developerをご覧ください。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン