このページの本文へ

機械学習で神経信号を増幅、「意のままに動く義手」実現へ成果

2020年03月11日 17時50分更新

文● Charlotte Jee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

機械学習の手法を用いて神経信号を増幅することで、上肢切断者が自らの意思で義肢をコントロールできることを示す実証実験の結果が報告された。神経信号を記録する電極を埋め込まれた4人の被験者は、小さなおもちゃのブロックを拾い上げたり、じゃんけんをしたりできるようになった。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ