このページの本文へ

「Powl」のポイントを「Kyash」へチャージ

2020年03月10日 12時35分更新

文● 株式会社Kyash

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Kyash
若年層向けリサーチサービスを提供する「TesTee」と連携

株式会社 Kyash(本社: 東京都港区、代表取締役: 鷹取 真一)は、チャットボットを活用した広告・ネットリサーチ事業を展開する株式会社テスティー(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 横江 優希、以下TesTee)と連携しました。これにより同社が提供するアンケートメディアアプリ「Powl(ポール)」で得られたポイントを、ウォレットアプリ「Kyash」へチャージ(ポイント交換)ができるようになりました。アンケートを回答して貯めたポイントを、日々のお買い物にご利用いただけます。





「TesTee」について (https://www.testee.co/)

株式会社テスティーはアンケートメディアアプリ「Powl」を運営し、ネットリサーチやチャットボットを活用した広告運用事業を提供しています。アンケートメディアアプリ「Powl」はスマホで簡単なアンケートに答えることでポイントがたまり、Kyash残高や現金やギフト券などに交換できます。


「Powl」のポイントをKyash残高へチャージ(交換)するに

1. 「Powl」をダウンロードし、会員登録
2. 「Powl」でアンケートに答える
3. 貯まったポイントを「Kyash」残高と交換申請
4. 即時に「Kyash」へチャージが自動的に反映


ポイント交換概要

・ 交換開始日時:2020年3月10日(火)午前11:00
・ 交換レート :10ポイント →1円
・ 交換手数料 :無料
・ 最低交換金額:5000ポイント(500円分)
・ 交換予定日 :即時

■ ウォレットアプリ「Kyash」について (https://kyash.co/)
アプリをインストールすると誰でもすぐにバーチャルカードを発行でき、クレジットカードやデビットカードをアプリに登録するか、コンビニ・銀行からチャージすると友人や同僚への送金、Visa オンライン加盟店でお買い物ができます。
「Kyash Card Lite」を発行すると日本全国の店舗でご利用できるようになります。「Kyash Card」を発行すると世界中のVisa加盟店、約5,300万店舗での利用が可能となります。また、カードの利用限度額上限や利用可能場所をカスタマイズでき、ICチップによるサインレス決済も可能になります。
「Kyash」アプリは、App Store、Google Playよりダウンロードください。
 ・AppStore:https://apps.apple.com/JP/app/id1084264883?mt=8
 ・Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=co.kyash
* 対応環境: iOS 11.0以上、Android 5.0 以上

■ 株式会社Kyash
Kyashは、「価値移動」のサービス・インフラを開発・提供するテクノロジー・カンパニーです。個人向けには、ウォレットアプリ「Kyash」と同期して進化した次世代のカード「Kyash Card」を提供。法人向けにはWeb API を通じて即座にVisaカードを発行できる決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供しています。
Kyashが目指すのは、人々のライフスタイルに寄り添いながら、人々の価値観や想いが自由に届けられる「新しいお金の文化」を創造することです。Kyashは、新しい価値移動のインフラづくりを通じて、想いを自由に届けられる仕組みを構築しています。

■ 会社概要
会社名:株式会社 Kyash(英文表記:Kyash Inc.)
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5丁目2番1号
代表者:代表取締役 鷹取 真一
設立:2015 年 1 月 23 日
資本金:27億7,493万円(資本準備金含む)
主要株主:Goodwater Capital、JAFCO、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、SBI Investment、新生企業投資、伊藤忠商事、電通イノベーションパートナーズ、凸版印刷、等
業務内容:ウォレットアプリ「Kyash」および決済プラットフォーム「Kyash Direct」の運営
URL:https://kyash.co
前払式支払手段(第三者)発行者 関東財務局長 第00698号

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン