このページの本文へ

働き方改革やリモートワークにも役立つ機能を搭載

チェック・ポイント、中小向けセキュリティGW「1500」シリーズ発売

2020年03月09日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セキュリティゲートウェイ「1500」シリーズ

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは3月9日、中小企業(SMB)向けセキュリティゲートウェイ「1500」シリーズを発売した。防御における新たな基準を設けることで、高度な第5世代のサイバー攻撃に対応するという。

「1500」シリーズラインアップ

 本製品は、同社の統合セキュリティ管理ソフトウェア「R80」を搭載。R80には、「SandBlast Zero-Day Protection」を使用するゼロデイ攻撃や既知の脅威からの防御、ウイルス対策、ボット対策、IPS、アプリケーション制御機能、URLフィルタリング機能に対応する次世代多層防御機能が内蔵されている。

 また、リモートワークの促進、働き方改革の促進に向けて、リモートワーク向けのVPN機能を標準機能として搭載する。

 同製品は、Eメール・インターネットから侵入を試むマルウェア、脆弱性の悪用、感染後の実害の防御率100%をうたう。パフォーマンスは前世代の2倍以上をうたい、驚異防御性能は最大660Mbps、ファイアウォールスループットは最大4Gbpsとしている。

 1GbEポートが1530/1550アプライアンスで6個、1570/1590アプライアンスでは10個、Wi-FiやLET・5G向けに設計された統合型セルラーモデムを搭載する。

 さらに、同社のモバイル向けアプリ「WatchTower」で、ITスタッフによる社内ネットワークの監視や、外出中やモバイル端末での緊急対応が可能だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ