このページの本文へ

オリエンタルコンサルタンツとスカイマティクスがAI礫判読システム「グラッチェ」の提供開始

2020年03月09日 10時00分更新

文● 株式会社スカイマティクス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社スカイマティクス
~ドローンの機動力とAIの判別力で渓流調査に革新を~


 株式会社オリエンタルコンサルタンツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野崎秀則)と株式会社スカイマティクス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:渡邉善太郎)は、砂防事業における調査の効率化と品質向上を目指し、AI 技術を用いた石礫の自動判別クラウドシステムについて共同開発を行い、3月9日より AI 礫判読システム「グラッチェ」とし て一般への提供を開始します。



 AI 礫判読システム「グラッチェ」は、ドローン等により空撮した広範囲な渓流の高解像度の連続写真を、クラウド上にアップロードするだけで、自動的にオルソ画像・DSM(高低差)画像・三次元点群データ等の地形データを生成。独自開発のアルゴリズムを用いて自動で石礫を抽出し、礫径を判定した上で、レポートを出力するシステムです。
 砂防・防災に携わる自治体・民間企業が砂防施設計画設計、災害時の渓流の変化状況、及び渓流の経年変化の把握等に活用頂くことが可能です。


 今後も両社は、AI 礫判読システム「グラッチェ」の提供および機能の強化に取り組み、砂防事業の業務効率化、安全性の向上等に貢献してまいります。
 なお、システム名称である「グラッチェ」は、同システムの活用により、グラベル(石)を自動でチェック(確認)することに“感謝”という思いを込めております。

■ AI礫判読システム「グラッチェ」概要




■ 会社概要

株式会社オリエンタルコンサルタンツ
所在地: 東京都渋谷区本町3丁目12番1号 住友不動産西新宿ビル6号館
URL:   https://www.oriconsul.com/
代表者:  代表取締役社長 野崎 秀則
資本金:  5億95万円
事業内容: 公共施設等の社会基盤整備事業及びこれに関連する事業の企画・調査・測量・計画・
     設計・管理並びに評価・診断・提案・指導等

株式会社スカイマティクス
所在地: 東京都中央区日本橋本石町 4-2-16Daiwa 日本橋本石町ビル 6F
URL:  https://skymatix.co.jp/
代表者:  代表取締役社長 渡邉善太郎
資本金: 1億円
事業内容: 産業用リモートセンシングサービスの企画・開発・販売


<本件に関するお問合せ先>
株式会社オリエンタルコンサルタンツ 統括本部 宮内、丸山
TEL:03-6311-7551 FAX:03-6311-8011

株式会社スカイマティクス 担当:日笠
TEL: 03-6262-6360 E-MAIL: info@skymatix.co.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン