このページの本文へ

FLUX、日本の事業者として初めてAMP対応のヘッダービディングをリリース

2020年03月06日 12時00分更新

文● 株式会社FLUX

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社FLUX

FLUX、日本の事業者として初めてAMP対応のヘッダービディングをリリース

株式会社FLUX(本社:東京都渋谷区、代表取締役:永井元治、以下、FLUX)は、日本の事業者として初めて、Google等が推進するAccelerated Mobile Pages(以下、AMP)フォーマット対応のヘッダービディングをリリース致しました。

これは従来のウェブブラウザーにおけるヘッダービディングとは異なる技術内容で、複数の広告事業者とサーバー間連携を通じて広告のオークションを行います。

AMPは日本でも急速に拡大を見せているフォーマットであり、パブリッシャーがAMPに移行した際も十分なサポートが出来るよう、FLUX社は引き続き尽力して参ります。

【株式会社FLUX】
所在地:〒150-0041 東京都渋谷区神南 1-9-2 大畠ビル9F
代表者:代表取締役CEO 永井元治
設立日:2018年5月
事業内容:デジタルマーケティング事業
URL:https://flux-g.com/

【問い合わせ先】
電話番号:03-6874-4945
メールアドレス:marketing@flux-g.com
担当:江原

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン