このページの本文へ

セルフレジ利用時の「ポイント付与」を求める声も

今後セルフレジは浸透するか?

2020年02月27日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クロス・マーケティングは2月27日、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県に在住する20歳~69歳の男女を対象に「セルフレジの利用に関する調査」を実施した調査結果を発表した。

 セルフレジについては「どのようなものか知っている」と回答した人は全体で約9割にも達し、性別で見ると男性よりも女性の認知度が高いことが分かった。

 さらに、セルフレジの利用有無は、導入店においてフルセルフレジもセミセルフレジも「利用することが多い」が3~4割で最多となり、利用が浸透しつつあることがうかがえる結果になった。

 セルフレジを利用する理由としては「有人レジより空いている」が5割以上で最多。次いで「買い物時間の短縮になる」「自分でレジの操作をするのが簡単だから」と続く。

 逆に、セルフレジを利用しない理由で最も多かったのは「自分で作業するのが面倒」というもの。性別では、男性は「自分が使いたい支払い方法が使えない」こと、女性は「操作方法がよく分からないこと」や「他の客を待たせてしまいそう」という項目にも票が入った。

 また今後、セルフレジを利用するかどうかの意向は「ポイント付与やキャッシュバックなどがあるなら」が4割で他の項目より高い結果に。性別では、男性は「支払い方法が自由に選べるなら」、女性は「セルフレジが混んでいなければ」との項目に票が集まった。

 クロス・マーケティングによる今回の前調査項目は以下の通り。

  • 属性設問(性別/年代/婚姻状況/子の有無/職業・勤務形態)
  • 普段よく利用する店
  • セルフレジの認知度
  • フルセルフレジ設置を見かけた店舗
  • セミセルフレジ設置を見かけた店舗
  • フルセルフレジ利用有無
  • セミセルフレジ利用有無
  • フルセルフレジを利用した店舗
  • セミセルフレジを利用した店舗
  • スーパーマーケットのセルフレジ設置状況
  • セルフレジを利用する理由
  • セルフレジを利用しない理由
  • セルフレジを利用しなくなった理由
  • 今後のセルフレジ利用意向


 下記関連サイトのニュースリリースでは、クロス・マーケティングがグラフと共に調査結果を報告している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン