このページの本文へ

公正な研究を目指す研究者と研究機関に向けた科学論文の不正画像自動検出システム「ImaChek(イマチェック)」をフルリニューアル

2019年11月07日 10時00分更新

文● LPIXEL

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LPIXEL
ー すべての研究に透明性を ー

2019年11月7日(木)、エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:島原佑基、以下「エルピクセル」)は、科学論文(ライフサイエンス分野の学術・学位論文)における不正画像の自動検出システム「ImaChek(イマチェック)」をフルリニューアルいたしました。 エルピクセルでは、創業当初より「研究公正」に向き合い、科学論文に含まれる画像の改ざんや使い回しを検出するシステムを開発してまいりました。今回のリニューアルでは、従来製品に搭載されていた判定機能を改善し、新たに画像抽出機能を加えたことにより、画像検査の一連の過程を自動化いたしました。大学や研究機関において、これまで事前検出しきれなかった研究不正の見落としを防ぎ、発表前の科学論文における品質向上と信頼性担保を実現します。 また、今回のリニューアルに合わせ、本システムを通常提供価格より大幅割引にて導入いただけるキャンペーンを実施いたします。



             公式サイト:https://www.imachek.com/ja/

【開発背景】
「意図した不正」のみならず「意図しない不正」から研究を守る
近年、科学論文に含まれる画像の改ざんや使い回しが相次いで指摘され、研究不正として問題視されています。これらには、「意図した不正」だけではなく、画像の扱いに不慣れな研究者らの「意図しない不正」も含まれています。こうした「意図しない不正」を防ぐことで、科学論文の質を向上させ、研究者自身のキャリアと学術界全体の信頼を守ります。

【主な機能】


画像が組み込まれた発表直前のPDFで入力可能
科学論文に含まれる画像の改ざんや使い回しを自動的に検出
検出・判定結果のドキュメントをダウンロード可能




【特長】


科学論文の品質向上と信頼性担保 ー「意図した不正」と「意図しない不正」から科学論文を守ります。
レピュテーションリスクの低減 ー「研究不正」発覚によるレピュテーションリスクを事前に防止します。
検出の自動化により出版までの時間を短縮 ー これまで手動で行われていた不正画像検出を自動化・効率化します。

今後は、全国の大学・研究機関への本システム導入を推進するとともに、出版社の査読システムとの連携によって、日本における「研究公正」に寄与してまいります。

【キャンペーン概要】
期間限定で新規導入キャンペーンを実施いたします。
キャンペーン特典として、導入いただいた大学・研究機関向けに画像処理と本システムの使用方法に関するセミナーを提供いたします。

期間 2019年11月7日(木)~2020年1月31日(金)
価格 15万円~(通常導入価格の80%OFF)

※ 適用諸条件やセミナー実施については事前にお問い合わせください。

【製品・キャンペーンに関するお問い合わせ】
エルピクセル株式会社 事業開発本部
TEL:03-6259-1972 Email:imachek@lpixel.net

【エルピクセルについて】
エルピクセルは、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持つベンチャー企業です。創業当初よりアカデミアの研究公正化に向けて、画像の使い回しや不適切な画像処理を検出するシステムの開発・提供をしてまいりました。AMED(独立行政法人 日本医療研究開発機構)が発行するケースブック「公正な研究活動」の一部執筆や、ライフサイエンス研究者向け画像処理セミナーを全国のべ120キャンパス以上で実施するなど、研究公正化に向けた取り組みに努めています。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン