このページの本文へ

ポタ研 2020冬 第1回

ポタ研 2020冬で見つけた注目イヤホン&ヘッドホン、60万円ごえイヤホンも!?

2020年02月16日 12時00分更新

文● ゴン川野 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

finalは、新Aシリーズのプロトモデルを展示

 常にプロトタイプイヤホンを比較展示して、ユーザーの音の好みをリサーチしているfinal。今回出して来たのは、20万円程度と非常に高額なA8000と同じシリーズながら、販売価格を1万円程度に抑えたモデルとのこと。展示では、便宜的にBシリーズのハウジングに収められた“プロトA”と“プロトB”の2種類が試聴可能だった。どちらも新技術を投入したダイナミック型のシングルドライバーを搭載している。

 Aはタイトな低域、高域はヌケがよく明るい感じだった。Bは低域の量感がややあって、繊細な高域で女性ボーカルが前に出る。私の好みはBだったが、final的にはAで製品化したいようだ。

製品化されればかなりハイコスパなモデルになりそうなプロトタイプ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン