このページの本文へ

上海問屋から、グラフェンダイヤフラム採用で800円台の有線イヤホン

2020年02月14日 14時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は2月14日、グラフェンダイヤフラムを採用したイヤホン「S2000」を発売した。価格は879円。販売はドスパラ店舗および通販にて。

 10mm径のダイナミックドライバーを搭載するほか、グラフェンダイヤフラムを採用しており、低価格ながら高い表現力を有するとのこと。シュア掛けタイプのため、タッチノイズもあまり気にならないという。

 有線イヤホンのため音の遅延を気にせず使用でき、音楽はもちろんゲームや映像鑑賞にも適するという。また、ケーブルのL/R分岐部にリモコンとマイクを搭載しており、手元で音量調節や楽曲の再生・一時停止などの操作が可能。

 再生周波数帯域は20Hz~20kHz、音圧感度は108dB、インピーダンスは32Ω。プラグは3.5mmの4極ミニプラグで、ケーブル長は約120cm、本体重量は約13g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ