このページの本文へ

新型コロナ、院内感染が深刻 武漢の医師グループが報告

Antonio Regalado

2020年02月13日 06時25分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

武漢大学中南医院の救急部門の医師らが、新型コロナウイルスに感染した場合の症状や致死率についての報告書を発表した。新型コロナウイルスの最も一般的な症状は発熱で、患者の4分の1が、主に急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の発症により、最終的に集中治療室(ICU)に入ったという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ