このページの本文へ

スマホを充電しながらデータを自動でUSBストレージにバックアップできる「Hyper+Cube」

2020年02月07日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンを充電しながらバックアップできる、自動バックアップ用リーダー「Hyper+Cube」が発売。ドスパラ秋葉原別館にて4400円で販売されている。

スマホを接続するだけで、充電と同時に自動でバックアップをとってくれる。手間いらずで日常的にバックアップがとれる

 スマートフォンに保存した大切なデータを手軽にバックアップできる、自動バックアップリーダー。microSDカードやUSBストレージを接続可能で、充電しながら接続したメディアにバックアップをとってくれる。

 スマートフォンを接続する端末用USBポートと、外部メディアを接続するバックアップメディア用USBポート/microSDスロットを搭載。メディアを接続した状態で、AC充電器やモバイルバッテリーと充電用ケーブルの間に挟むだけで、自動でバックアップを行なう。

端末接続用と、バックアップメディア用のUSBポート/microSDスロットで構成。モバイルバッテリーを電源にした場合でも使用可能だ

 専用アプリに一度設定しておけば、次回からはスマートフォンを接続するだけで充電・バックアップを自動で行なう。1000枚程度の画像なら30分ほどでバックアップが完了。仮に途中で取り外した場合でも、再接続すればバックアップが再開する仕様だ。

 専用アプリは、iOS 9.0以上、Android 4.4以上の端末に対応。microSDスロットは最大2TBをサポート、USBポート側は容量の制限はない。また、スマートフォン接続ポートは最大出力12Wで端末を充電できる。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン