このページの本文へ

恵安「KIG270QD」

量子ドット技術採用でリアルで鮮やかな27インチ液晶が恵安から

2020年02月07日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 恵安から量子ドット(Quantum dot)技術を採用した27インチ液晶ディスプレー「KIG270QD」が発売された。

量子ドット(Quantum dot)技術を採用した27インチ液晶ディスプレー「KIG270QD」

 リアルで鮮やかな色彩を忠実に再現する量子ドット(Quantum dot)技術を採用した液晶ディスプレーの新製品。フルHD(1920×1080ドット)解像度とリフレッシュレート165Hz、1msの高速応答、FreeSync機能に対応し、美しい映像をより滑らかに表示することが可能。もちろんゲーミング用ディスプレーとしても利用できる。

リアルで鮮やかな色彩を忠実に再現する量子ドット技術を採用。リフレッシュレート165Hz、1msの高速応答サポートでゲーム用にもオススメとしている

 そのほか、ノングレア加工の広視野角VAパネルを採用。フリッカーフリー設計、ブルーライト軽減、HDR機能、Line of Sight機能を備えるほか、2W×2ステレオスピーカーを内蔵。輝度300cd/m2、コントラスト比4000:1、視野角は水平/垂直178度、表示色1670万色。インターフェースはDisplayPort1.2×1、HDMI2.0x1、HDMI1.4×1。

 サイズは614(W)×436(H)×193(D)mm、重量4.35kg。価格は3万7200円。パソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中