このページの本文へ

富士フイルム、専用設計レンズ搭載のコンデジ「FUJIFILM X100V」を発表

2020年02月05日 16時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士フイルムは2月5日、 コンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100V」(以下、X100V)を発売すると発表した。カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色で、シルバーは2月下旬から、ブラックは3月から販売を開始する。価格は18万950円前後。

 高級コンパクトデジタルカメラ「X100シリーズ」の第5世代モデルで、基本デザインはそのままに、ボディー天面と底面にアルミニウムを採用。成形自由度の高いアルミニウムをプレス・切削加工することで、エッジ部をシャープに仕上げつつ、表面の滑らかさを追求したとのこと。

 ボディー背面には、シリーズとしては初めてチルト式液晶ディスプレーを搭載。また、シャッタースピードダイヤル内にISOダイヤルを内蔵する「ビルトインISOダイヤル」を天面に装備する。

 レンズは、非球面レンズ2枚を採用した専用設計の固定式単焦点レンズを装備。焦点距離は23mm(35mm判換算:35mm相当)で、画面全域において高解像・高コントラストを活かしたシャープな描写を実現するという。また、2610万画素の裏面照射型「X-Trans CMOS 4」センサーと、高速画像処理エンジン「X-Processor 4」も搭載する。

 OVFとEVFの切り替えが可能な「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」も備える。EVFには、シリーズとして初めて369万ドットの有機ELパネルを採用したほか、OVF上に小型EVFを同時表示できる「エレクトロニックレンジファインダー」機能も搭載する。

 そのほか、任意のフォーカスレンジをあらかじめ設定できる「フォーカスリミッター」機能や、多彩な色調を可能とする「フィルムシミュレーション」(全17モード)、フィルムで撮影した写真がもつ独特の粒子感を再現する「グレイン・エフェクト」機能などを搭載する。

 本体サイズは、約幅128×奥行き53.3×高さ74.8mm(最薄部32.7mm)で、重さは約478g(バッテリー、SDメモリーカード含む)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン