このページの本文へ

中国の開発・製造拠点に赴いて試聴を重ねて音作り

Hi-Unit、ピエール中野氏が音質チューニングしたイヤフォン「HSE-A1000PN」を1700円で発売

2020年01月17日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Hi-Unitは1月16日、有線イヤフォンの新モデル「HSE-A1000PN」を発表。3月下旬に発売する。全国の家電量販店やTSUTAYA、e☆イヤホンなどで取扱う。

 ロックバンド「凛として時雨(りんとしてしぐれ)」のドラマーでポータブルオーディオにも造詣が深いピエール中野氏が中国のHi-Unit開発・製造拠点に赴いて音質をチューニングしたという。試聴を重ねてチューニングを行ない、低音域はタイトで力強いが聴き疲れしない量感、高音域は耳に刺さる成分を抑えつつクリアな印象に仕上がったとしている。

 ベースとなったモデル「HSE-A1000」に対し、チューニングされているほかオリジナルキャリングケースが付属し、3サイズのイヤーピースが4サイズとなり、オリジナルデザインのパッケージに収められている。

 10mmダイナミックドライバーとアルミニウムハウジングを採用。接続端子は3.5mmステレオミニプラグ。価格は1700円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン