このページの本文へ

AI自動翻訳機を全96ホテルで導入 全国のコンフォートホテルなどで利用開始

2019年12月30日 10時00分更新

文● 株式会社グリーンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社グリーンズ
株式会社グリーンズ(本社:三重県四日市市浜田町、代表取締役社長:村木 雄哉)は、2019年に翻訳端末「ez:commu」を導入、運用開始いたしました。


株式会社グリーンズは、ホテルのスタッフとインバウンド(訪日外国人)とのコミュニケーションを支援するため、2019年8月20日(火)より、コンフォートホテル、コンフォートイン、コンフォートスイーツなど96ホテルで、AI自動翻訳機「ez:commu」(イージーコミュ)を導入、運用開始いたしました。



<導入の背景>

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2018年のインバウンドは3,119万人を突破し、2020年には4,000万人の目標値が政府より掲げられています。また、観光庁からは2018年の外国人延べ宿泊数は9,428万人泊(前年比18.3%増)と発表されています。このような中、ホテルにおいてもインバウンドの宿泊客は年々増加し、スタッフに対する多言語対応の需要も高まっています。「ez:commu」は、AIによる高い翻訳精度と48カ国の幅広い言語対応が特長の、手のひらサイズの自動翻訳機です。先行導入したホテルのスタッフからは「これがあるとフロントに立つ安心感が違う」「気軽に利用できる」「起動時間が早いので重宝している」との声が寄せられました。これらのことから、「ez:commu」を導入することにより、言葉の壁がなくなり、インバウンドの細かなニーズにもスムーズに対応できることが期待されます。また、蓄積した会話のデータのから、どのようなやり取りが多いのかを明確化し接客力向上を目指してまいります。

今後も株式会社グリーンズは、訪日外国人のお客様への接客対応やご案内を充実させてまいります。


<AI自動翻訳機「ez:commu」(イージーコミュ)導入概要>
導入ホテル: コンフォートホテル、コンフォートイン、エコノホテル等
株式会社グリーンズが運営する全96ホテル

株式会社グリーンズ URL     :https://www.kk-greens.jp/
チョイスホテルズジャパン URL  :https://www.choice-hotels.jp/
グリーンズホテルズ URL URL  :https://www.greens.co.jp/

【フューチャーモデル株式会社】
本社:〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー28F
代表者:代表取締役社長 曲 亮
設立:2009年9月
URL:http://futuremodel.co.jp/
事業内容:IoTデバイス端末を含む周辺アクセサリーの開発および販売

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン