このページの本文へ

米国立研究所、iPadより巨大なAIチップ搭載機をがん研究に導入

2019年12月19日 16時15分更新

文● Karen Hao

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

深層学習に代表される人工知能(AI)関連技術に期待されているのが、創薬や材料科学などの科学研究分野での応用だ。膨大な計算時間の短縮のために「ハードウェア革命」が求められる中、米アルゴンヌ国立研究所は巨大な「AI専用チップ」搭載コンピューターを導入した。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ