このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

CORSAIR「110R TG」は5インチベイ搭載PCケースの新定番

2019年12月12日 11時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨今のPCケースデザインの流れのひとつになっているのが、フロントパネルがフラットなシンプルデザインのタイプだ。Fractal Design「Define」シリーズや、NZXT「Hx00」シリーズなどといった定番、鉄板モデルのほかにも、各社から数多くのモデルが販売されている。

 CORSAIRもそのひとつで、フロント強化ガラス&RGB LEDファン採用のド派手に光るモデルなど、数多くの製品を展開している。そんなCORSAIRから新たに発売されたのが、9000円前後でサイドパネルに強化ガラスパネルを採用する「110R Tempered Glass(CC-9011183-WW)」(以下:110R TG)だ。

ミドルタワーPCケースのCORSAIR「110R Tempered Glass」を徹底チェック

 サイド強化ガラスパネルのほか、最近ではすっかり珍しくなった5インチベイを1基備えているのが特徴で、奥行きも418mmと短いコンパクトなミドルタワーPCケースとなっている。

 シンプルデザインの小型ミドルタワーPCケースの新たな選択肢となる「110R TG」を実際に触ってみることにした。

110R Tempered Glassのスペック
製品名 110R Tempered Glass
型番 CC-9011183-WW
対応マザーボード ATX、Micro ATX、Mini-ITX
対応電源ユニット 最大180mm
対応ビデオカード 最長330mm
対応CPUクーラー 全高160mm
拡張スロット 7スロット
ドライブベイ 5インチベイ×1、2.5/3.5インチベイシャドウベイ×2、2.5インチシャドウベイ×2
対応ファン フロント:140mm×2、120mm×3、トップ:140mm/120mm×1、リア:120mm×1(標準装備)
対応ラジエーター フロント:280mm/240mm、トップ:140mm/120mm、リア:120mm
フロントアクセスポート USB 3.0×2、Audio in/out×1
本体サイズ 210(W)×418(D)×480mm(H)mm

余計な装飾がないシンプルなデザイン

 電源ユニット取り付け部のボトムを覆うカバーや、裏面に装備される2つの2.5/3.5インチシャドウベイと、2.5インチ専用シャドウベイ×2など、サイド強化ガラスパネル採用PCケースでは、すっかりおなじみの内部レイアウトを採用している「110R TG」の各部を写真で、じっくりと眺めていこう。

フラットデザインのフロントパネル。両サイドに吸気口が備わっている。下部にはCORSAIRの帆船ロゴがプリントされている

120mmサイズのリア排気ファンや、7スロット仕様の拡張ベイを備えている

トップ右側に電源スイッチやUSB3.0ポートが備わっている

トップの防塵フィルターは磁石タイプで簡単にメンテナンスできる

電源ユニット取り付け部の吸気側にも、防塵フィルターを装備している

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中