このページの本文へ

キヤノン 新コンセプトのお手軽カメラ「iNSPiC REC」を発売

2019年12月05日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンマーケティングジャパンは12月5日、カラビナデザインの新コンセプトカメラ「iNSPiC REC(インスピック レック)」を発売すると発表した。12月下旬から販売を開始する。価格は1万5180円。

 服やバッグへの着脱が可能で、キーホルダー感覚で持ち歩いて、好きな時に撮影が可能だという。また、ディスプレーやファインダーを搭載しない新コンセプトデザインを採用した。サイズは幅110.5×奥行き18.5×高さ45.2mmで、重さは約90g。

 IP68等級に相当する防水・防塵性能と、2mの耐衝撃性能を備え、アウトドアやスポーツなど、さまざまなシーンで使用できるとする。

 専用アプリ「Canon Mini Cam」を使って、撮影したデータをスマホに転送・保存したり、スマホの画面を見ながらリモート撮影したりもできる。

 有効画素数は約1300万画素で、1/3型のCMOSセンサーを搭載。焦点距離は25.4mm(35mmフィルム換算値)、ISO感度は100~3200。記録媒体はmicroSDなどで、Wi-Fi、Bluetooth 4.2に対応する。充電時間は約180分で、動画撮影は約60分、静止画撮影は約1000枚可能。

フェイスジャケット FP-301

 カラーバリエーションはブルー/ピンク/グリーン/ダークグレーを用意。そのほか、着せ替え用のジャケット「フェイスジャケット FP-301」も12月下旬に発売する。価格は2178円。なお、ジャケットのバリエーションは、発売以降も順次追加していく予定とのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン