このページの本文へ

小島寛明の「規制とテクノロジー」 ― 第50回

ヤフーLINE統合 事業売却の可能性は?-倶楽部情報局

2019年12月03日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「ヤフーLINE統合 事業売却の可能性は?」を紹介します。


 ヤフーを傘下に持つZホールディングスと、チャットアプリ最大手LINEの経営統合をめぐって、公正取引委員会の動きが注目されている。

 一定の規模を超える企業どうしの合併については、公取委が独占禁止法上の問題がないかを審査する制度があり、ZとLINEの合併も審査の対象となるからだ。

 たしかに、ヤフーとLINEの経営統合は、すごく大きそうに見える。

 が、ちょっと落ち着いて考えたい。合併が実現した場合、両社が展開しているどの事業が、市場において支配的な地位を占めることになるのだろうか。

●プラットフォームの支配力は強まる

 公取委が規模の大きな企業の合併を審査するときは、会社全体ではなく、ひとつ一つのサービスや商品が、市場でどんな地位にあるかをみる。

 LINEが公表している2019年12月期第3四半期の決算説明会の資料をみると、LINEの「コア事業」は、広告と、コミュニケーションとコンテンツとある。

 第3四半期の売上(売上収益)は、560億円で、コア事業が売上の87%を占める。

 筆者がLINEのトークを開いてみると、北海道旅行の広告が表示された。そして、LINEのニュースで壇蜜さんの結婚報道を開くと、クレジットカードの広告が表示された。

 こうした広告が、LINEの売上の柱だ。

 一方、ヤフーにとってもメディア事業はコア事業にあたる。

 ヤフー、LINEともに、メディア各社が記事を配信するニュースのプラットフォームを展開している。

 両社のニュースを配信するプラットフォームがひとつになった場合、すでに強い影響力がある両プラットフォームの支配力はさらに強まると考えられる。

 ニュースを配信している各メディアにとっては、今後の動向が気になるところだろう。

●チャットサービスの支配力は強まらない

 チャットサービスについては、LINEはすでに月間アクティブユーザー8200万人と、国内では支配的な地位を確立している。一方、ヤフーもかつてチャットサービスを展開していたが撤退している。

 LINEのチャットサービスは日本やタイなどで高いシェアを誇るが、この分野は世界規模で競争が繰り広げられている。

 フェイスブックやWhatsApp、WeChatといったアメリカや中国の巨大企業に対して、LINEがどう伍していくかを考えると、国内の支配的な地位だけで独禁法上の問題があるとは判断しづらくなる。

 この点について、11月20日付産経新聞の報道によれば、公取委の山田昭典・事務総長がこの日の記者会見で「日本企業同士でも、事業によっては世界市場も対象にする」との考えを示している。

 公取委の事務方トップの発言は、こうした分野を念頭においたものと受け止めていいだろう。

 ただ、Z側に目立ったチャットサービスがないことから、今回の合併でチャットサービスの市場支配力が強まるとは考えにくい。

●決済で支配的な立場になるとは考えづらい

 各社の報道では、決済サービスでの支配力が強まるとの見方も出ている。

 PayPayとLINE Payがひとつになった場合、QRコードを使うスマホ決済では、シェアが高まりそうだ。

 しかし、店でスマホで支払いをする場面を考えると、QRコードではないSuicaなどのサービスも、選択肢になる。

 市場をQR決済に限った競争ととらえた場合、競争相手は楽天やメルペイ、ドコモなどの名前が浮かぶ。

 ただ、交通系の決済サービスなども競争相手と考えると、PayPayとLINE Payが統合したとしても、いまのところ市場で支配的な地位を確保するとまでは考えにくい。


 続きは「ヤフーLINE統合 事業売却の可能性は?」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1260(2019年12月10日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1259(2019年12月3日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 2020 冬の超お買物特大号

  • 週刊アスキー No.1258(2019年11月26日発行)

  • 週刊アスキー No.1257(2019年11月19日発行)

  • 週刊アスキー No.1256(2019年11月12日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事