このページの本文へ

簡単な操作ながら撮影機能を拡充

360度カメラ「RICOH THETA」にエントリーモデル「RICOH THETA SC2」が登場

2019年11月19日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リコーは11月19日、360度カメラの新モデル「RICOH THETA SC2」を発表。12月13日に発売する。

 RICOH THETAのエントリーモデルにあたり、簡単な操作で誰でも手軽に高品質な全天球イメージが撮影できるとしている。およそ1400万画素に相当する360度の全天球静止画と4K(3840×1920ドット)/30fpsの全天球動画撮影が可能。人物の顔を認識し、美肌に見せる顔モード、夜間でも低ノイズで撮影可能な夜景モードといった撮影モードをあらかじめ搭載している。

 また、本体下部には有機ELディスプレーを装備しており設定モードや電池残量などの情報が確認しやすくなったほか、セルフタイマーモードへの切り替えボタンも追加装備した。

 4色のカラーバリエーションが用意される。価格はオープンプライス。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン