このページの本文へ

B&WからaptX Adaptive対応のワイヤレスヘッドフォン4機種登場

2019年11月18日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ディ—アンドエムホールディングスは11月18日、Bowers & Wilkins(B&W)ブランドのワイヤレスヘッドフォン/イヤフォン「PX7」「PX5」「PI4」「PI3」を発売すると発表した。販売開始は11月末から。価格はPX7が6万6000円、PX5とPI4は5万5000円、PI3は3万3000円。

 それぞれ開発したカスタム設計のドライバーを採用。コーデックは共通で、SBC、AAC、aptX、aptX HDのほか、aptX Adaptiveに対応する。最大48kHz、24bitをサポートするほか、低遅延と接続の安定性を大幅に改善したという。

 PX7/PX5/PI4は、アプリで3種類の適応型ノイズキャンセリングモードを選択し、さまざまな環境下で最適なリスニングを体験可能。「低」は車の騒音やまわりの音を聴けるので、安全に道を渡れるという。「オート」は4つのマイクを搭載するセンサーが環境に応じてノイズを除去。「高」はまわりのエンジン音や一定に発する騒音を強力に遮断する。アプリのファームウェアはアップデートできる。

 PX7/PX5は通話や会話のためイヤーカップを持ち上げたり、首の回りにかけたりすると、音楽再生を一時停止。ヘッドフォンを装着しなおすと、再生に戻る。PX7は長時間バッテリーを搭載しており、ワイヤレスのノイズキャンセリングモードで最大30時間再生可能。

 PX7はドライバーサイズが43mm。周波数帯域は10Hz〜30KHz。インピーダンスは20Ω。インターフェースはUSB Type-Cと3.5mmヘッドフォンジャック。カラーバリエーションはスペース・グレーとシルバーの2色。サイズは幅175×奥行き80×高さ220mm。重量は310g。

 PX5はドライバーサイズが35mm。周波数帯域は10Hz〜30KHz。インピーダンスは20Ω。インターフェースはUSB Type-Cと3.5mmヘッドフォンジャック。カラーバリエーションはスペース・グレーとブルーの2色。サイズは幅160×奥行き70×高さ220mm。重量は241g。

 PI4/PI3は軽量かつ、耐汗仕様を実現。ソフトシリコンネックバンドタイプなので、使用環境を選ばないという。

 PI4はドライバーサイズが14mm。周波数帯域は10Hz〜30KHz。インターフェースはUSB Type-Cのみ。カラーバリエーションはブラック/ゴールド/シルバーの3色。サイズは幅400×奥行き30×高さ400mm。重量は42g。

 PI3はドライバーサイズが9.2mm。周波数帯域は10Hz〜30KHz。インターフェースはUSB Type-Cのみ。カラーバリエーションはブルー/ゴールド/スペース・グレーの3色。サイズは幅400×奥行き30×高さ400mm。重量は30g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン