このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

劇場の迫力が家庭に、ブラビアが国内初の対応テレビに

TSUTAYAが、日本初の“IMAX Enhanced”コンテンツ配信

2019年11月01日 22時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 IMAXとDTSは11月1日、株式会社TSUTAYAと提携すると発表した。映像配信サービスの「TSUTAYA TV」を通じ、“IMAX Enhanced”対応コンテンツが日本でも視聴できるようになる。

 IMAX Enhancedは、IMAX上映用に独自にエンハンスした4K HDR映像とDTS:X音声を使い、家庭でも映画館に匹敵する映像・サウンド・スケール感を提供するもの。コンテンツにはメタ情報が埋め込まれており、対応機器でIMAXモードを選ぶ(自動認識にすることも可能)ことにより、最適な視聴状態にできる。

 TSUTAYA TVでは、年内にIMAX Enhanced版コンテンツの提供を始める。利用料金は都度課金のレンタル方式で、従来のHD版より税抜200円アップの770円(税込)となる。

 提供されるIMAX Enhanced対応コンテンツとして現在発表されているのは、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』『スパイダーマン:ホームカミング』『スパイダーマン:スパイダーバース』『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』『メン・イン・ブラック』など、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの5作品。

IMAXモードを備えるマランツのAV8805

 推奨視聴環境については後日発表になる予定だが、20Mbps以上の通信帯域が求められるのではないか、とする。これより低い環境では映像などの品質が落ちることになるが、多少品質を落としても映像が途切れないようにすべきか、高い品質を維持するほうがいいかについては検討中だという。また、ストリーミング配信用のコンテンツには独自エンコーダーが利用されている。IMAX Enhanced対応のストリーミングサービスは他国でも計画中だが、エンコード後の品質についてはIMAX側のチェックも受けており、エンコーダーの違いによる差はほぼないものと想定しているそうだ。

 IMAX Enhanced対応のテレビ製品としては、ソニー・ブラビアシリーズの「A9G」「A9F」(有機ELテレビ)、「Z9F」「X9500G」(4K液晶テレビ)など。AVアンプは、オンキヨー、デノン、パイオニア、マランツなどが用意されている(対応機器でもファームウェアのバージョンアップが必要な場合がある)。

DMRの効果を説明する画像
縦方向にも広い画角を持たせられるのがIMAXの特徴だ

 IMAXの特徴として、通常のシネマスコープよりも上下が広い、1.43:1までのアスペクト比が選べる点がある。例えば、スパイダーマン:ファー・フロム・ホームでもIMAX独自の画角で制作された約40分のシーンが用意されている。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン