このページの本文へ

100名未満のスモールビジネスがターゲット、オフィスや店舗、カフェ、ホテルなど

HPE Aruba、「Aruba Instant On」でSMB向けWi-Fi市場参入

2019年10月28日 07時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部(HPE Aruba)は2019年10月25日、小規模オフィスや小規模店舗、カフェ、クリニックといった小規模ネットワークをターゲットとする新しい製品ブランド「Aruba Instant On」を発表した。

 屋内/屋外向けのWi-Fiアクセスポイントをラインアップしており、スマートフォンアプリから簡単にセットアップできるシンプルさと、導入後の追加費用なしという価格の手頃さを特徴としている。10月下旬より国内出荷を開始する。

今回発表された「Aruba Instant On」ブランドの屋内/屋外向けWi-Fiアクセスポイント。いずれも802.11ac Wave 2対応

 これまでHPE Arubaでは、従業員数が100名以上規模のミッド~エンタープライズ市場をターゲットとして無線LAN/Wi-Fi製品を展開してきた。しかし、近年ではより小規模な100名未満クラスの企業や店舗においてもITの投資/活用が活発化しており、セキュアかつ堅牢なネットワーク接続が求められるようになっている。

 今回発表されたAruba Instant Onでは、100名未満クラスのスモールビジネスや小規模な店舗/カフェ/ホテル/クリニックなどをターゲットとして、ユーザー自身でセットアップや運用管理ができるシンプルなWi-Fi製品を提供する。

Aruba Instant Onのターゲットユーザー。小規模オフィスや店舗、カフェ、ホテル、クリニックなど

 Aruba Instant Onアクセスポイントは、いずれも11ac Wave2対応の屋内向け4モデル、屋外向け1モデルがラインアップされている(屋外モデルは今後発売予定)。いずれも本体1年間保証、購入後90日間の電話サポート、保証期間中のチャットサポートが付属し、最も低価格な天井/壁取付け型の2×2 MIMOモデル(AP11)は、希望小売価格が1万9000円(税抜)。メッシュネットワークにも対応するため、有線ネットワークの敷設なしでWi-Fiエリアを拡大することもできる。

Aruba Instant On Wi-Fiアクセスポイントの詳細(AP11/AP11D/AP12/AP15/AP17)

 Aruba Instant Onは、モバイルアプリ(iOS、Android)またはクラウドWebポータルからセットアップや管理を行う仕組みとなっている。いずれもインタフェースは日本語対応済み。 クラウド経由で各アクセスポイントを設定する仕組みのため、複数の拠点を一元管理することも可能。またゲストWi-Fiや、ゲストログイン時のポータル画面などを設定することもできる。

アクセスポイントはモバイルアプリからセットアップする。Webポータルから多拠点の一元管理も可能

 今回はまず、SB C&Sおよびダイワボウ情報システムの2社をメインディストリビューターとして、ECサイトおよび販売パートナー経由で11月より国内販売を開始する。国内販売目標台数は、発売後3年間で10万台としている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ