このページの本文へ

DxOMarkが「Pixel 4」のカメラを評価 ファーウェイやGalaxyに続く、112点

2019年10月24日 20時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カメラの性能調査を実施している「DxOMark」が21日付けで、グーグルの「Pixel 4」のカメラのスコアを掲載している。点数は112点。高得点ではあるものの、ファーウェイやGalaxyのハイエンド機には及ばない結果となっている。

 Pixel 4のリアカメラは27mm相当の12.2メガと、望遠50mm相当の16メガのデュアル構成。前者については、1/2.55型センサーを採用。グーグルらしく、ソフトウェアによる高度な画像処理や超解像ズームが特長となる。

 DxOMarkでも、そうした画像処理について高く評価。一方で超広角カメラを欠くことや、ToFカメラ搭載するHUAWEI Mate 30 Proの背景ボケの正確さなどとの比較において、全体としての順位に影響したと位置づけている。

 具体的な評価項目を見ていくと、明るい場面でのAFの正確性や画質の良好さに比べ、暗い場面での精細感の消失やノイズの多さが指摘されている。また、望遠については、光学5倍のレンズを搭載するHUAWEI P30 Proほどの精細感は無いとしつつも、屋内や暗い場所では優れているとした。

 Pixel 4のアピールポイントである夜間撮影用の「Night Sight」については、適切な露出や色味の鮮やかさを評価する一方で、ベストな端末よりは精細感に欠け、ノイズも多めとのこと。

 より詳しい内容については、DxOMark内の記事をチェックいただきたい。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン