このページの本文へ

マウス 4KとHDR10対応の31.5型ディスプレー

2019年09月20日 13時30分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは9月20日、iiyamaの31.5型ディスプレー「ProLite XB3288UHSU」を発売すると発表。販売開始は9月下旬で、価格は5万5370円(税抜)/5万9800円(税込)前後。

 ディスプレーは4K解像度のノングレア液晶を採用。視野角は上下左右各89度で、視認性を高めたとする。また、高画質規格「HDR10」にも対応し、対応機器や配信サービスと接続することで、明暗部の再現性が高い鮮明な画像表示が可能とのこと。

 そのほか、iiyama独自の「i-Style Color」機能により、表示するコンテンツに合わせた画質の設定が可能。また、画面のチラツキを抑えるフリッカーフリーLEDバックライトや、ブルーライト軽減機能もそなえる。

 スタンドは120mmの高さ調整のほか、上下角最大25度のチルト、最大90度のスイーベルにも対応する。入力端子はDisplayPort×1、HDMI×2を装備。また、本体側面にUSB 3.0×2もそなえる。サイズは幅730×奥行き230×高さ458.5~578.5mmで、重さは約8.9kg。

カテゴリートップへ