このページの本文へ

温水洗浄便座「ビューティ・トワレ」発売40周年記念 “10台だけ”の限定モデル プレゼントキャンペーンを実施

パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部
2019年09月10日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

温水洗浄便座「ビューティ・トワレ」発売40周年記念 “10台だけ”の限定モデル プレゼントキャンペーンを実施

パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部
おしりを温め・洗って40年 ~パナソニック温水洗浄便座 歴史紹介~



パナソニック株式会社の温水洗浄便座「ビューティ・トワレ」が2019年8月に発売から40年を迎えました。
<パナソニック 温水洗浄便座ビューティ・トワレ>
https://panasonic.jp/toilet/

1979年の初号機発売から<トイレを快適な空間にしたい>というコンセプトのもと温水洗浄便座の開発を行い、新しい機能や使い方の提案を続けてきました。最新モデル(※1)の「泡コート」機能は便器内面を泡でコートすることでトイレ掃除が月に1回程度で済む(※2)という大変好評な機能です。今回、「ビューティ・トワレ」40周年を記念して「泡コート」機能搭載の「ビューティ・トワレ(DL-AWM400-WS)」のふたを沙金柄にした“10台だけ”の限定モデルをプレゼントするツイッターキャンペーンを実施します。(キャンペーンの詳細は文末に記載します。)
パナソニックはこれからも温水洗浄便座の開発により、快適なトイレ空間を提案していきます。

※1:2018年発売DL-AWMシリーズ
※2:便器掃除において、泡コート有無で1か月相当の汚れの便器便座を用意し掃除するかを調査(n=33)。
掃除を1か月間相当しなかった場合の便器を見て掃除しないと回答した人数が泡コートありの場合31人(94%)、泡コート無しの場合2人(6%)。

●パナソニック 温水洗浄便座の歴史年表
1979年より、快適性・省エネ・清潔性にこだわり、独自の機能を開発、進化してきた商品の一部を紹介します。
パナソニック温水洗浄便座の歴史年表
●主なトピックス
【1979年 自社開発・生産による温水洗浄便座 初号機(DL-80)を発売】
1979年発売の初号機(DL-80) お湯を貯めておくタンクなどで、両側が便器から大きく出っ張ったデザインで、おしり洗浄用のノズルも出たままになっていました。
<開発背景>
当時の日本は高度経済成長期で、上下水道の整備と水洗式トイレの普及が進み洋風便器も広がり始めていましたが、「トイレは不潔な場所だ」という考えが根強くありました。
パナソニックは「トイレを快適な空間にしたい」という思いから、当時既に開発生産を行っていた電気暖房商品・電気給湯機の技術・生産のノウハウを展開し、日本人に合った温水洗浄便座の自社開発を始めました。
生産開始当初の写真(1979年頃)
<開発話>
・温水洗浄便座の本質である「快適かつキレイにおしりを洗うこと」を実現する苦労に直面。実際に人のおしりの型を取り、何度も繰り返し実験することで、汚れをしっかり落とすことができる洗浄範囲の広いシャワーを実現しました。
・初号機(DL-80)は、業界で初めて脱臭機能を搭載し、おしり洗浄、乾燥機能、暖房便座、脱臭機能を備えた、現在の温水洗浄便座の基本機能を確立しました。

1997年 業界初、瞬間湯沸かしシャワーを搭載した DL-GXシリーズを発売】
1997年発売 DL-GXシリーズ
<開発背景>
温水洗浄便座の普及が進むにつれ、さらなる快適性や電気代の節約・省エネへのニーズが高まっていました。従来の貯湯式(事前に貯めておいたお湯をおしり洗浄に使うもの)は連続使用すると途中でお湯が切れてしまうことがあり、さらに使わない時もお湯をずっと保温しておく必要があるため、電気代がかかるものでした。
パナソニックは使う時だけ水を温め温水をつくる「瞬間湯沸かしシャワー」方式を開発し、業界で初めて採用することで、湯切れすることなくいつでもお湯が使える快適洗浄を提供しました。

<開発話>
・「瞬間湯沸かしシャワー」の実現には季節や時間帯で変わる水道水温を常に一定温度にしてシャワーを噴出させる必要がありました。そこで、水道水温とシャワー温度のセンシングや湯沸かしヒーターの出力制御など、電気給湯機の技術を活用することでシャワー温度を一定にすることができました。
・「瞬間湯沸かしシャワー」は、水が入った容器を温めるのではなく、高ワットのセラミックヒーターで直接水を温めるため、熱応答性が高く、従来商品に比べて約50%の省エネ(※3)を実現し、温水洗浄便座では業界初の省エネ大賞(※4)を受賞しました。
瞬間湯沸かしシャワーイメージ(青線部分がヒーター)
※3:貯湯式DL-G3(1995年発売)との比較
※4:当時の名称は省エネバンガード21

【2003年 業界初洗浄ノズルにステンレスを採用した DL-SV・GVシリーズを発売】
2003年発売 DL-SVシリーズ
2003年発売 DL-GVシリーズ
<開発背景>
当時、温水暖房便座の普及率が50%を超えていた中で、お客様の不満点としてはお手入れ性や清潔性がありました。洗浄ノズルは特に汚れの気になるものとしてあがっており、従来の樹脂製のノズルでは黒カビなどが発生することもありました。
パナソニックは業界で初めて、汚れやお手入れが気になる部分である洗浄ノズルに継ぎ目のないステンレス素材を採用しました。

<開発話>
・ステンレスをノズル形状にするため、何度も試作を繰り返した結果「深絞り」という、1枚のステンレスの板からプレス加工を繰り返してノズル形状に仕上げていく、プレス加工でもっとも難しいとされる工法を見いだし、継ぎ目のないステンレス製ノズルを実現しました。
・継ぎ目のないステンレス素材を採用することで、従来の樹脂製ノズル特有の汚れ残りやカビの発生によるノズルの黒ずみ等を解消しました。加えてノズルクリーニング機能も搭載し、雑菌や汚れもつきにくくして清潔なノズルでおしりを洗えるようになりました。
樹脂製ノズル(左)とステンレス製ノズル(右)

【2005年 業界初、瞬間暖房便座搭載した DL-GWシリーズを発売】
2005年発売 DL-GWシリーズ
<開発背景>
さらに温水洗浄便座の普及が進み、買い替え需要が増えてくる中で、「節電性能が優れたもの」が求められていました。暖房便座部分は、使用しない時間帯も暖かい状態にしておくために多くの電力を使っていました。
パナソニックは人がトイレに入った瞬間に便座の暖めを開始し、使用しない時の消費電力を抑える「瞬間暖房便座」を開発しました。

<開発話>
・2005年以前は、当時の松下電器産業(株)と松下電工(株)がそれぞれ温水洗浄便座を開発していました。DL-GWシリーズは、松下電器の「瞬間ひかり暖房便座」技術と松下電工の「便ふた自動開閉」技術を搭載したコラボレーションモデルでした。
・瞬間暖房便座と瞬間湯沸かしシャワーにより、DL-GWシリーズでは貯湯式と比べ約75%の省エネを達成しました。(※3)

【2016年 泡コート機能を搭載した DL-AWKシリーズを発売】
2016年発売 DL-AWKシリーズ
<開発背景>
1979年の発売以来、快適性・省エネ性・清潔性の進化を続けてきたなか、近年では共働き世帯の増加にともない、「掃除がラクにできる」というニーズも高まってきました。
パナソニックは、業界初の「泡噴射ノズル」を搭載し、便器の表面全体を泡でコーティングすることで、トイレ掃除が月に1回程度で済む(※2)「泡コート」機能を実現しました。

<開発話>
・泡コート機能は単に泡を出すだけでなく便器の内面全体を泡でコーティングするため、どのような形状・大きさの便器に設置されても最適な泡噴出ができるように、様々な便器で検証を行いました。また、トイレは毎日数回使うため、コストや使いやすさを考え台所用の合成洗剤(中性)が使用出来るようにしました。便器内面を泡でコートし、便器への汚れがつきにくく、付いた汚れも落ちやすく、泡のクッション効果で男性の立ち小便時の飛び跳ね汚れも抑えることができます。

・2018年に発売したDL-AWMシリーズでは、「泡噴射ノズル」が2方向になり、泡コートの範囲を拡大したほか、パナソニック独自の微粒子イオン「ナノイー X」(※5)で、便器と便座の表面を除菌(※6)し、トイレの壁の付着臭まで脱臭(※7)できるようになりました。

※5:DL-AWM600のみ
※6※7:試験条件はホームページをご確認ください。https://panasonic.jp/toilet/products/dl-aw.html

【泡コートトワレ 商品説明動画】
https://youtu.be/v_uQbEyJzOY



ビューティ・トワレ“10台だけの40周年限定モデルについて
パナソニックは、温水洗浄便座発売40周年を記念して、「ビューティ・トワレ40周年限定モデル」を10名様にプレゼントするツイッターキャンペーンを実施します。限定モデルは、泡コート機能を搭載したDL-AWM400-WS(ホワイト)のふた部分に、深みのある色合いと素材感をもった『沙金(さきん)』柄を採用した限定仕様です。

【ビューティ・トワレ DL-AWM400の商品説明はこちら】
https://panasonic.jp/toilet/p-db/DL-AWM400.html
DL-AWM400-WS(ふた沙金柄)40周年限定モデル
●「ビューティ・トワレ」40周年 ツイッターフォロー&リツイートキャンペーン
【キャンペーン詳細】
■プレゼント:温水洗浄便座「ビューティ・トワレ(DL-AWM400-WS)」40周年記念限定モデル(ふた:沙金柄)
■応募方法:
 1:Panasonic Japan公式Twitterアカウント @Panasonic_cp (https://twitter.com/Panasonic_cp)をフォロー
 2:2019年9月10日12時30分 @Panasonic_cp から投稿されるキャンペーン対象ツイートをリツイート投稿
■応募期間:2019年9月10日(火)12:30~10月9日(水)23:59


ツイッターキャンペーン投稿イメージ
【応募規約】
■下記ページをご確認ください。
 https://panasonic.jp/info/campaign_rules.html
【その他注意事項】
■取り付けについて
 ・ビューティ・トワレは、ほとんどの便器に取り付け可能ですが、設置するトイレ環境を必ずご確認ください。
  https://panasonic.jp/toilet/shindan.html
 ・プレゼントは製品のお届けのみになります。お客様の責任の元、設置をお願いします。

PRTIMES リリース詳細へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

デジタル用語辞典

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン