このページの本文へ

位置が自在なマグネット式ピンで基板をセット

電子工作に便利なマグネティック基板ホルダー、上海問屋より

2019年08月30日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は8月30日、各種基板の固定が可能な「マグネティック基板ホルダー」を発売した。

 磁石の付いた4つのピンによって様々な大きさの基板を固定することができる作業台。ピンの先端を基板のネジ穴に入れて固定/ピン中央の溝で挟み基板を固定/ワークベンチ四隅の手回しナットと入れ替えて小さな基板を挟むなどして利用する。はんだ付けなどの作業に便利という。

ArduinoやRaspberry Pi程度の小型基板を使った電子工作に適している 

 ワークベンチ×1にPCBクリップ×4が付属。ワークベンチのサイズはおよそ幅172×奥行き131×厚み20.5mm。価格は2786円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ