このページの本文へ

CPU/GPU/ラジエーター/ポンプなど、DIY水冷に必要な全てのパーツを網羅

リンクスより、CORSAIRシリーズ初のDIY水冷パーツ「Hydro X Series」が登場

2019年08月28日 19時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CPUウォーターブロック

 リンクスインターナショナルは8月27日、CORSAIRシリーズ初となるDIY水冷パーツ「Hydro X Series」を発表。近日発売予定。

 CPUウォーターブロック2製品、VGAウォーターブロック3製品のほか、ラジエーター9製品やポンプ/リザーバー1製品、フィッティングパーツ数十製品やチューブ、リキッドが用意されており、組み合わせて利用する。

VGAウォーターブロック(左上)、ラジエーター(左下)、ポンプ/リザーバー(右)

 統合ソフトウェア「iCUE」によってクーリングとライティングの一括制御が可能で、ダイナミックなRGBイルミネーション制御や、リアルタイムの動作温度モニタリングやファンスピードのコントロールに対応。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン