このページの本文へ

衛星インターネット激戦区 アラスカが注目される理由

2019年08月09日 06時57分更新

文● Erin Winick

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンクが出資する「ワンウェブ」や、スペースXなど、低高度軌道衛星(LEO)を使ったインターネット接続の提供を計画する企業の動きが活発化している。各社が最初に狙うのが、アラスカだ。人口は少ないが裕福な州で、地政学的にも見逃せないアラスカであれば、それなりの収益が見込めるとの思惑がある。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ