このページの本文へ

Windows 10 May 2019 Updateや最新プロセッサーを搭載

富士通、働き方改革の推進として法人向けノートPCやデスクトップPCの新モデルを発表

2019年07月11日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LIFEBOOK U939X/B」

 富士通は7月11日、法人向けノートパソコン「FUJITSU Notebook LIFEBOOK」3シリーズ5機種、デスクトップパソコン「FUJITSU Desktop ESPRIMO」3シリーズ5機種、ワークステーション「FUJITSU Workstation CELSIUS」2シリーズ2機種を発表。7月11日より順次発売する。

 ノートパソコンLIFEBOOKでは、最新の第8世代インテル Coreプロセッサーを搭載した13.3型液晶の超軽量スリムコンバーチブル「LIFEBOOK U939X/B」、ウルトラスリムモバイル「LIFEBOOK U939/B」、ウルトラモバイル「LIFEBOOK S938/B」、および15.6型液晶の「LIFEBOOK A749/B」、「A579/B」の5機種をラインアップに追加している。

ESPRIMO、CELSIUS  

 LIFEBOOKでは5機種のすべてに最新版OS「Windows 10 May 2019 Update」を搭載しており、Windows SandboxやWindows Light Themeなどが利用できることからユーザーの用途に合わせた最適なモバイルワークが可能という。

発売時期および価格 

 デスクトップパソコンESPRIMOでは、ウルトラスモールモデル「ESPRIMO Q558/B」、コンパクトモデル「ESPRIMO D958/B」、「D588/B」、「D558/B」、液晶一体型モデル「ESPRIMO K558/B」の5機種、ワークステーションCELSIUSにはコンパクトモデル「CELSIUS J580」、ミニタワー「CELSIUS W580」2機種において、Windows 10 May 2019 Updateと最新の第9世代インテルCoreプロセッサーが搭載されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン