このページの本文へ

企業のWindows 10アップデートを短縮する法人向けエッジコンピューティングデバイス「FUJITSU Desktop ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/W」

2020年06月15日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通クライアントコンピューティングは6月15日、法人向けエッジコンピューティングデバイス「FUJITSU Desktop ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/W」を発表した。7月中旬に発売する。

 各拠点の社内イントラネットに設置しWSUSサーバーと連携する製品。企業では導入した多数のWindows 10搭載パソコンがWindows Updateを一斉に実施すると輻輳が起きて回線速度が低下し、結果的にWindows Updateに長い時間がかかることがある。

 FUJITSU Desktop ESPRIMO Edge Computing Edition Z0110/WではWindows Updateのデータをキャッシュし、運用管理ツールによってWindows Updateを適用するスケジュールを計画的に管理。ダウンロード時間を1/15程度に短縮(40台の端末の場合)できるという。

※初出時、一部の内容が間違っておりました。お詫びして訂正いたします。(2020年6月19日)

■関連サイト

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通