このページの本文へ

楽天モバイル、格安SIMの同業「DMM mobile」を買収

2019年07月09日 15時50分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天モバイルは、DMM.comが運営するモバイルサービス「DMM mobile」、および固定インターネットサービス「DMM光」の事業を買収することを発表した。実施は9月1日で、買収額は約23億円と公表されている。

 なお、現行のDMM mobile/DMM光ユーザーは、サービス内容、料金などに変更はなく、そのまま利用できるが、9月1日以降に付与されるポイントはDMMポイントから楽天スーパーポイントに変更される予定。

 DMM mobileはドコモMVNOとして提供するサービスで、開始は2014年12月。開始当初は他サービスに対抗した料金設定を積極的に仕掛けたほか、ゼロレーティングのオプションを提供するなどしていた。

 DMM mobileの契約数は6月末時点で約24万、DMM光は約2万。楽天モバイルは今回の買収の目的として、「モバイル事業の顧客基盤の拡大」「楽天エコシステムにおけるメンバーシップの強化」を挙げている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン