このページの本文へ

最小モデルは30×30×18mmのコンパクトボディ

ドイツ製の放送用超小型HD/4Kカメラ「ATOM one」が三友から発売

2019年07月05日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ATOM one mini」

 三友は7月5日、独Dream Chip Technologies製の放送用超小型4Kカメラ「ATOM one」シリーズの取扱を発表した。7月中旬より提供する。

 3G-SDI/12G-SDI出力を備えた放送用カメラ。フルHD(1920×1080ドット)、UHD(3864×2196ドット)、4K(4096×2160)の3種6製品が用意され、最小の「ATOM one mini AIR」(フルHD仕様)はおよそ幅30×高さ30×厚み18mm、重量およそ25gという小型に収まっている。

撮影解像度や出力端子が異なる複数の機種をラインアップ

 撮像素子は1/2.5型~1型センサーを採用、レンズマウントはSマウントまたはCマウント/CSマウントを採用。HD/4KモデルにはグローバルシャッターやHDRに対応した製品も用意される。

利用イメージ 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン