このページの本文へ

Project White、MSIおよび日本AMDとGTMF 2019に共同出展

2019年07月03日 14時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Project Whiteは7月3日、アプリ・ゲーム業界向け開発&運営ソリューション総合イベント「Game Tools & Middleware Forum 2019(GTMF 2019)」に、エムエスアイコンピュータージャパン、日本AMDと共同出展すると発表。イベントの開催日と会場は、7月5日が大阪のコングレコンベンションセンターで、7月12日は東京の秋葉原UDX GALLERY/NEXT/THEATER。

ツクモオリジナルのゲーミングPC「G-GEAR neo」からは、ゲーム制作を強力に推進できるとするAMD Radeon ProRenderモデルを参考展示する。
GeForce RTX 20シリーズを採用しており、ゲーム開発や映像制作に最適とうたうエムエスアイコンピュータージャパンのゲーミングノートPC「GS65 Stealth」も参考展示。
フルHD IPS液晶ディスプレーを搭載しており、バッテリーフリーのデジタルペンも付属したHUION液晶タブレット「Kamvas Pro 13」も展示する。

 GTMFは、ゲームやアプリ開発のためのツールやミドルウェアが一堂に会するイベント。近年はツールやミドルウェア分野はもちろん、サーバーソリューションやテスト、プロジェクト管理、受託開発など、さまざまな業界各社が出展しているという。

【Game Tools & Middleware Forum 2019 概要】
■大阪会場
・開催日:7月5日
・会場:コングレコンベンションセンター(グランフロント大阪内)
・入場料:無料(※要事前登録)
■東京会場
・開催日:7月12日
・会場:秋葉原UDX GALLERY/NEXT/THEATER
・入場料:無料(※要事前登録)
・主催:GTMF運営委員会、ウェブテクノロジ、CRI・ミドルウェア、シリコンスタジオ、マッチロック、モノビットエンジン

カテゴリートップへ