このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ウォークマン40周年、歴代機種が集結した企画展「#009 Walkman in the Park」

2019年07月01日 18時00分更新

文● 大河原克行 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京・銀座数寄屋橋交差点にあるGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、2019年7月1日から、実験的プログラムの第9弾となる「#009 Walkman in the Park」を開催する。

 1979年7月1日に、ウォークマンの第1号機である「TPS-L2」を発売してから40周年を迎えたのを記念して開催するもので、200台以上にのぼる歴代のウォークマンを展示。クリエイターやアーティストなど、40人の著名人によるウォークマンとの思い出を集めた「My Story, My Walkman」を展示する。

ウォークマンの第1号機である「TPS-L2」
232台の歴代ウォークマンを展示した「Walkman Wall」

 Ginza Sony Parkは、2017年4月に閉館したソニービル跡地に作られたものであり、もともと、ウォークマン初号機の発表イベントは、このソニービルで行われた経緯がある。ウォークマン初号機は、それまで音楽は、室内で楽しむものとされていた常識を飛び越えて、音楽を外に持ち出して楽しむパーソナルな音楽体験を提案。ウォークマンが発売された1979年7月1日は、「音楽が歩き出した日」に位置づけられている。

1979年7月1日は「音楽が歩き出した日」になる

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン