このページの本文へ

LINE MUSIC、課金なしでフルで楽曲聴けるフリーミアムモデルを実装

2019年06月27日 17時10分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINE MUSICは6月27日、音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」の大型アップデートを実施すると発表した。

 主なアップデートの内容は、「音楽フリーミアムモデル『ONE PLAY(仮)』の実装」「UIの改善・AI 活用した楽曲レコメンドなどを提供」「楽曲のMVを見られる機能を搭載」の3つ。

 ONE PLAY(仮)は、LINE MUSIC内のすべての楽曲を非課金ユーザーでも1回ずつフル尺再生できる、世界初とうたう独自音楽フリーミアムモデル。開始は2019年内を予定しているという。

 1回再生した楽曲は、一定期間経過すると再び再生できる。これにより、さらなるストリーミング市場の活性化を目指すとしている。

 UIの改善においては、好みにあわせて背景の色が選べる「ライト&ダークテーマ」や、音質調整などがで きるイコライザー機能を追加。ユーザーの好みに合わせたジャンル・ムード別のデイリー更新型プレイリストや、シチュエーション・ジャンルをテーマに自動再生するラジオ機能も搭載する。

 AIとの連携も強化し、CR技術を活用した簡単プレイリスト移行機能やVOICE Searchも実装予定。

ライト&ダークテーマの切り替えイメージ

4年間で最も聴かれた楽曲ランキングを発表

 また同社では、6月11日のサービス開始から4周年を迎えるLINE MUSICにおいて、ユーザーに支持された楽曲のランキングを発表。

 「4年間で最も聴かれた曲」と、「最もLINEのプロフィールに設定された曲」の、TOP100にランクインした楽曲を集めたプレイリストを公開した。

 最も聴かれた楽曲は、2017年1月に配信スタートしたEd Sheeranの「Shape of You」。最もLINEのプロフィールに設定された楽曲は、清水翔太の「My Boo」とのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン