このページの本文へ

オリンパス、レンズの焦点距離を2倍にできるテレコンバーター発売

2019年06月19日 17時20分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オリンパスは6月19日、テレコンバーター「M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20」を発表、6月28日に発売する。希望小売価格は5万5350円。

 本製品は、マスターレンズの焦点距離を2倍に拡大することが可能。小鳥や小動物といった近づくことが難しい被写体も、レンズの焦点距離を伸ばすことでより迫力ある作品に仕上げられるという。

 望遠レンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」との組み合わせでは、最大1200mmの望遠撮影と、最大撮影倍率0.96倍相当の望遠マクロ撮影が可能とのこと。

 4群9枚のレンズ構成にHRレンズを採用することにより、色収差をはじめとした各収差の発生を抑制。ゴースト・フレアの出にくい設計にすることで、優れた描写性能を実現するとしている。

 防塵防滴・耐低温設計で、過酷な撮影環境にも対応するとのこと。

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

 対応レンズは、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」とM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO、および2020年発売予定の「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」。

 大きさは最大径59.8×全長25.9mm。重量は150g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン