このページの本文へ

AIを活用したエンジニア転職サービス「Findy」約2億円のシリーズA資金調達を実施

ファインディ株式会社
2019年06月05日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AIを活用したエンジニア転職サービス「Findy」約2億円のシリーズA資金調達を実施

ファインディ株式会社
国内最大規模のVCを引受先とした第三者割当増資により、開発および組織体制の強化を加速。企業のエンジニアリング力やテックカルチャーの評価指標の開発にも着手

GitHubをAIで解析することで、エンジニアの転職および案件探しの最適化を図るファインディ株式会社(東京都品川区、代表取締役:山田裕一朗 以下「当社」)は、シリーズAラウンドとして約2億円の資金調達を実施いたしました。これはグローバル・ブレイン株式会社を引受先とした第三者割当増資の実施によるもので、サービスやアルゴリズムの開発基盤拡充、セールス・エンジニア・コーポレートメンバーの採用拡大を進めていく予定です。 また、エンジニア個人のスキル評価だけではなく、企業の技術力やカルチャー評価指標も提供することでさらに高精度なマッチングが実現するよう、サービス開発を進めていきます。




■「Findy(ファインディ)」スキル偏差値の特徴

当社は2017年より、ハイスキルなエンジニアと企業をマッチングするサービスを行ってきました。転職や業務委託の案件探しの際に起こるミスマッチの原因として、エンジニア側は「スキルや経験値を伝える機会の不足」「年収や時間単価を交渉するデータの不足」、企業側は「エンジニアのスキルを評価する指標や経験がない」「エンジニア職種や開発言語に対する理解の不足」等が挙げられます。これらを解決するべく、エンジニアのGitHubをAIを用いて解析し、開発言語別に偏差値化するという手法を取り入れました。

連携されたGitHubで解析対象となるのは公開リポジトリのみです。コードをどのくらい書いているかや他のプロジェクトへどれだけ貢献しているか、また他者からのコードの支持やアカウントの影響力を中心に解析しています。スキル偏差値のアルゴリズムは、GitHub上で日本国内在住と判定できるエンジニアの公開リポジトリ約15万人を解析し、開発を行なっています。



また、「Findy転職」ユーザーにアンケートを行なったところ、スキル偏差値が高いエンジニアは年収も高い傾向となりました。これは、GitHubでのOSS活動(Open Source Sftwareの略。ソフトウェアのソースコードが一般に公開されており、利用者の目的を問わずソースコードの利用、修正、再配布等が可能なソフトウェアの総称)に積極的なエンジニアが、年収面でも評価される時代になってきていることを表しています。




■「Findy(ファインディ)」の提供サービス

【Findy 転職】
2017年5月リリースのハイスキルなエンジニアと企業をマッチングする転職サービスです。約10,000人のエンジニア登録者と、サイバーエージェントやDeNA、日本経済新聞社など約100社の企業が活用しています。エンジニアはGitHub連携をするだけでスキル偏差値の確認が可能、また企業はエンジニアのスキル評価をもとに採用活動ができます。
サービスURL:https://findy-code.io/

【Findy Freelance】
2018年2月リリースのハイスキルなフリーランス・副業エンジニアと企業の業務委託案件をマッチングするサービスです。スキルが高く自由度の高い働き方を求めるエンジニアが多数利用しており、また利用企業もスタートアップに加えて、大企業の新規事業部門や上場ベンチャー等、約100社に拡大しています。
サービスURL:https://freelance.findy-code.io/


■「Findy(ファインディ)」の導入企業

導入企業はメガベンチャーを始め日系大企業やスタートアップなど約200社に拡大しています。これは、あらゆる産業で起こるデジタルトランスフォーメーションの浸透やAI、IoTへの取り組みにより非IT企業のIT企業化が進んでいることも大きな要因となっています。



■「Findy(ファインディ)」の登録ユーザー層

Findyにはフロントエンド(JavaScript)やサーバーサイド(Ruby, Go,Python, Java, PHP等)といったWebサービス開発に従事するエンジニアや、モバイルエンジニア(Swift, Kotlin)、機械学習エンジニア(Python)が登録しています。




■グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役社長 百合本安彦様 コメント

エンジニア人材の領域における市場成長への期待、経営メンバーの持つサービス開発力・事業推進力を高く評価し、出資を決定いたしました。また、当社の既存投資先や連携先大企業との人材採用面及び技術組織づくり面でのシナジーも期待されます。
今後も当社から事業戦略の策定やその展開に向けて様々なサポートを行っていくとともに、成長企業のエンジニアリング力強化や大手企業のデジタルトランスフォーメーションといった重要度の高いテーマにおけるファインディの躍進を楽しみにしています。

■ファインディ株式会社 代表取締役CEO 山田裕一朗コメント

開発スタートから約3年、主力サービスにおいてユーザー様・導入先企業様より一定の評価を頂けるまでとなりました。サービスおよび組織の更なる成長に向かうフェーズにおいてグローバル・ブレイン社に投資家として参画頂けることを非常に光栄に思います。
同社は事業開発やUX等に知見のあるメンバーも在籍する国内最大規模のVCです。シンガポール、韓国、アメリカといった海外オフィスからの知見も共有頂きながら、ステークホルダーの皆さまに更なる価値をご提供できるよう邁進して参ります。


【ファインディ株式会社について】
所在地: 東京都品川区西五反田二丁目24番9号五反田Nビル4階
代表者: 代表取締役 山田裕一朗
URL : https://findy.co.jp/

【代表取締役の経歴】
同志社大学経済学部卒業後、三菱重工業、ボストン コンサルティング グループを経て2010年、創業期のレアジョブ入社。レアジョブでは執行役員として人事、マーケティング、ブラジル事業、三井物産との資本業務提携等を担当。その後、ファインディ株式会社を創業。また、現在もHRBP(ヒューマンリソースビジネスパートナー)としてレアジョブに関わっている。

PRTIMES リリース詳細へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

デジタル用語辞典

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン