このページの本文へ

15時間再生に対応、弟分の「WI-C200」も

ソニー、5000円台のBluetoothイヤホン「WI-C310」など

2019年06月11日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは6月11日、エントリーワイヤレスイヤホンの新商品「WI-C310」「WI-C200」を発表した。発売は7月6日。価格はオープンプライス。店頭での販売価格は、C-310が5000円台前半。C200は4000円台後半になる見込み。

WI-C310

 市場では、インイヤータイプのBluetoothヘッドホンの構成比は約20%。税抜5000円未満の低価格帯でもワイヤレス機が求められている。そこでソニーは、15時間のスタミナ再生に対応するなど、バッテリー駆動時間が長く、デザイン性にも優れたエントリー機種を出した。充電はUSB Type-C経由。急速充電により、10分の充電で60分の再生ができる。

 装着性の面では、やわらかいネックバンドの採用、左右のバランスを意識したバッテリーボックスとコントロールボックス。耳にフィットして外れにくいハウジング形状などを採用した。デザイン自体はシンプルだが、ハウジングの後ろを絞り込むことで、フィット感とデザイン性の両立を狙っているという。

ハウジング形状
WI-C200

 音質面では高磁力ネオジウム磁石を使い、クリアな中高音とパワフルな低音を重視。一方で通気口は小さくして、音もれしにくくしている。コーデックはSBCに加え、AACに対応する。ドライバーサイズは直径9mmだ。

 C310は4色展開(ブラック・ホワイト・ブルー・ゴールド)で光沢感のカラーと平型ケーブル、C200は2色展開(ブラック・ホワイト)でマットな質感、通常のケーブルとなっている。なお、ハンズフリー通話時には、HD VOICEに対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン