このページの本文へ

映像出力2系統を装備し液晶と合わせて3画面表示も可能

GeForce GTX 1650と17.3型大画面を装備したノートパソコン「m-Book W890シリーズ」

2019年06月10日 11時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは6月10日、第9世代CPUと高速GPUを搭載する17.3型ノートパソコン「m-Book W890シリーズ」を発売した。

 CPUにインテル Core i7-9750H、GPUとしてGeForce GTX 1650を搭載したハイパフォーマンスなノートパソコン。狭額液晶を採用するほか、同社従来機に比べてスピーカー出力を向上、Windows Hello対応指紋センサーLEDバックライトキーボードを搭載。4K出力に対応したHDMI×1とmini DisplayPort×1を備え、本体の液晶と合わせて同時3画面表示も可能。

豊富なインターフェースを装備 

 「m-Book W890BN-M2S2」(Core i7-9750H/8GBメモリー/256GB SATA SSD、14万5584円)、「m-Book W890XN-M2SH2」(Core i7-9750H/16GBメモリー/256GB NVMe SSD+1TB HDD、15万6384円)など各種ラインアップが用意される。

カテゴリートップへ