このページの本文へ

家族それぞれが使い分けできるマルチユーザーに対応

Apple、Apple TV 4K/HD用の新OS「tvOS 13」を発表

2019年06月04日 18時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Appleは6月3日(現地時間)、Apple TV 4K/Apple TV HD用の新OSである「tvOS 13」を発表した。

 ホーム画面がリニューアルしているほか、マルチユーザー対応によりユーザー各自が自分用のテレビ番組や映画、おすすめなどが表示されるようになる。ゲーム配信サービスApple Arcade(秋頃に開始予定)にも対応し、XboxやPlayStationのゲームコントローラーが利用できる。

XboxとPlayStationのゲームコントローラーに対応

 スクリーンセーバーも新しくなり、自然ドキュメンタリー「ブループラネット」を制作したBBCのナチュラル·ヒストリー·ユニットと協力して世界中の海中で撮影したビデオが表示される。

美しい海中ビデオがスクリーンセーバーとして用意される

 開発者向けプレビューが提供開始されたほか、パブリックベータも公開予定。一般ユーザー向けは無料のソフトウェア・アップデートとして秋頃を予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中