このページの本文へ

温暖化予測はなぜブレる? 確定要素の「半減」目指す 米研究者に聞く

2019年05月24日 06時13分更新

文● Mallory Pickett

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

地球温暖化が進んでいることに議論の余地はないが、その深刻度や進行速度については依然として不確定要素が残っている。カリフォルニア工科大学のタピオ・シュナイダー教授らは、不確定要素を半減させることを目標に、雲の振る舞いをより高い精度でシミュレーションする新たな気候モデルの構築に取り組んでいる。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ