このページの本文へ

超軽量アクチュエーターで実現、「4枚の羽」で飛ぶ昆虫型ロボット

Emerging Technology from the arXiv

2019年05月20日 16時00分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4枚の羽ばたく翼を持つ95グラムの昆虫型ロボットを南カリフォルニア大学のチームが開発した。飛行ロボットは、2翼よりも4翼の方が姿勢などの制御が容易で素早く動けるが、翼が増える分だけ重量が増してしまう。研究チームは、翼を動かすアクチュエーターを大幅に軽量化することで、この課題を解決した。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ